ここから本文です

新型コロナウイルスに関係する可能性のあるQ&Aです

主要ニュース、発生状況、受診の目安など最新情報をまとめています。新型コロナウイルス感染症について詳しい情報をお知りになりたい場合、ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

プロの将棋対局 緊急事態でも、普通に東西対局して良かったのでは? 例えば...

sug********さん

2020/6/301:05:55

プロの将棋対局

緊急事態でも、普通に東西対局して良かったのでは?

例えば東京で対局。関西在住の棋士が東京で対局。

この場合、新幹線や飛行機に、関西在住棋士1人だけ乗車します。

将棋は少人数だから、タイトル戦も、普通に開催で良かったのでは?

日程を組むのも大変な事になってます。

例えば、豊島竜王・名人は、名人戦と叡王戦に出場。王位戦も僅かながら可能性があります。王座戦も可能性があります。竜王戦は出場確定してます。

永瀬二冠は、棋聖の挑戦者になれば、叡王・棋聖・王位・王座・竜王に出場する可能性があります。

藤井七段は、棋聖・王位・王座・竜王の挑戦者の可能性があります。

今後、またまた緊急事態になれば、タイトル戦だけでも、複数の棋士が複数のタイトル戦に出場する可能性があるから、日程が被らないようにしないといけない。

A級順位戦

名人戦敗者は、かなりの過密日程になるかと。

通常、7月初めに順位戦の初戦だが、フルセットまで行けば、9月初旬ぐらいに初戦になるかと。

他のA級棋士は、既に、2局or3局消化してます。

今後、コロナで、名人戦が更に延期になれば、尚更になります。

昨日は、東京で34人感染。

来週、緊急事態解除して2週間。感染者が三桁とかになれば、またまた、緊急事態が再発動になる可能性があります。

そうなれば、将棋のタイトル戦や東西対局は、またまた延期になる可能性もあります。

タイトル戦も、少人数で行動すれば、開催可能かと思いますが。

対局場には、対局者と記録係と立会人だけ行く。

解説者は、自宅からリモートで解説。聞き手も自宅から。

記録係と立会人は、別室からリモート。

封じ手の時だけ対局室に入る。

前夜祭や現地解説はなし。

このように、感染のリスクを減らしたら、緊急事態でも、タイトル戦の開催は可能では?

秋や冬に、第2波や第3波の可能性が高い。そうなれば、将棋の対局は延期になるかと。

閲覧数:
35
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2020/6/317:36:02

対局時の関係者同士の感染だけではなく、広域移動に伴う対一般人を含めたウイルス運搬のリスクを避けたようです。ウイルスもらう危険、移す危険は、別に将棋関係者だけが相手ではありませんから。
東京で体にウイルスつけた棋士が大阪に出向いて、あるいは戻って、そこで一般人にウイルスを移してしまうこともあります。対局のときだけ、関係者についてだけ気をつければよいというわけではないのです。だから用心をしたのです。

質問した人からのコメント

2020/6/21 00:48:31

皆さん、回答、ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2020/6/307:49:22

現在、日程を組むのが大変になっているのは分かるよ。
しかし緊急事態宣言が発令された以上は国のお達しに逆らうのは
どうかと思うよ。インターハイや甲子園も中止が決まったのだから
エンタティーメントの将棋対局を開催という訳にもいかないだろう。

2020/6/301:14:35

将棋はリモートで良さそう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる