ここから本文です

頭の中にある漠然とした音楽の感じを音として形にしていくには何に注意を払ってい...

アバター

ID非公開さん

2020/6/311:50:48

頭の中にある漠然とした音楽の感じを音として形にしていくには何に注意を払っていけば良いでしょうか?

閲覧数:
27
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

not********さん

2020/6/312:14:10

楽器の音に流されないことです。
作曲するのに使う楽器や何気なく弾いたメロディで、曲のイメージはどんどん流されていってしまい、当初の想定とは違った音楽になってしまいます。
まあそれも音楽の楽しさではあるのですけど。

予定通りに曲を作る方法として私がよくやるのは、その頭の中の音楽を音楽以外の何かで外に出してしまうと、イメージが固定されます。
具体的には音楽のイメージをノートに文字で書き出します。
例えば「明るい感じ」とか「激しい感じ」といった抽象的なことから、リズムはあの曲のアレみたいな感じでとか身も蓋もないネタや、主人公はこう動いてこう感じたといった物語性も箇条書きで書き出しています。
それをたくさん書けば書くほど曲のイメージが固まって、作曲作業中には流されにくくなります。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/6/312:16:45

    なるほど、確かにすぐに楽器に手が伸びて作り始めてしまいます。イメージ固定を取り入れてみます。ありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

T.M.BACHさん

2020/6/415:05:40

細々とサウンド制作に携わっています.
以前、専門スクールで作曲&DTMを教えていました.
(別の質問の回答をコピペしてる部分があります)



>頭の中にある漠然とした音楽の感じを音として形にしていくには
>何に注意を払っていけば良いでしょうか?

「注意」というか、基礎的な作曲能力を養って
経験を積むのが大事だと思います.

頭の中で「漠然」ではなく、音符とかコードネーム、
拍子・テンポ、アクセント、楽器などが具体的に出てこないと、
結局、雲をつかむように音を並べる作業になるでしょう.

「今日はカレーを作ろう」と思ったら、
カレーを作ったことがある人なら、タマネギ、ニンジン、じゃがいも、
お肉などの食材、そして調理工程が具体的にイメージできるでしょう.
逆に、一度も作ったことが無い人は「漠然」としたイメージでしょう.



以下、ヒマだったら読んで下さい.
他の質問での回答のコピペです.



仕事で作曲する時には、クライアントから曲の用途、欲しい雰囲気、
仕様(曲の長さやデータ形式等)が決められてます.
「こういう曲を作ろう」と思った時点で作曲の半分は終わっている感じです.

たとえば…

「ハロウィンに合いそうな曲」と言われたら、
ディズニーランドのホーンテッドマンションとか、
西洋墓地のイメージが浮かびます.

オーケストラを主体にして、教会のパイプオルガンも合いそうです.
既存のホラー映画では、「Ⅰm→♭Ⅵm」という進行が
多用されている(感じがする?)ので、それを使いつつ…

曲の長さが「30秒~1分程度」という指定であれば、
曲構成も自然と決まります.
4/4拍子でテンポ120なら、16小節で32秒、
テンポ60なら、16小節で64秒です.
ホラー系なら遅めのテンポが良いでしょうから、
たとえばテンポ80なら16小節で48秒.
AメロとBメロの、二部形式が妥当でしょう.

Aメロで怖い感じを出して、Bメロで少し明るくする…とか、
変化を付けて、ループできるように考えます.
キーがCマイナーキーなら、
Aメロは、Cm→A♭m…で始めて、
Bメロは、明るい平行調のE♭で開始するとか…
そういう風に考えます.

オーケストラ主体なら、楽器編成も決まりますね.
しかし、ホラー系ということで、使う楽器も取捨選択します.
活発なイメージのある、トランペットやクラリネットは使わない、
あるいは目立つ使い方をしないほうが良いかな?とか、
悲しい感じなら、オーボエかイングリッシュホルンをメインに…とか、
低音を含め、コード全般はオルガンに任せられるから、
ストリングス系は全体的にピチカードで使えるな…とか.

まずは、オルガンだけでコード「Cm→A♭m」を鳴らして、
それからオケが入って…
お祭り的な、おどけた感じも欲しいから、メロディやオブリガードでは
クロマティック・アプローチを入れると良いかな…とか.

こういったコトを考えたら、作曲の半分どころか、
それ以上が決まってきます.

もちろん、相応の勉強と実践経験が必要です.
作曲というのは、1音1音、雲をつかむように考えるのではなく、
ある程度システマチックに、作りたい音楽を「狙って」作るものです.

当方、ゲームサウンド制作の仕事をしてましたので、
とにかく色々なジャンルを勉強しました.
興味のない音楽、嫌いな音楽も勉強しました.



何かお役に立てれば幸いです.

プロフィール画像

カテゴリマスター

ezo********さん

2020/6/313:00:33

とにかく歌って、メロにすることです。

楽器の音に流されるなと言われる方がおられますが、本当にそうなんですよ。
弾いてしまうと、それのような気がしてしまうんです。

おまけに、脳みそが止まってしまいます。
最近は、なんとか流されないようになってきたんですが、アドリブで歌うときはいくらでもできるのに、楽器でメロを探り始めると脳みそは止まります。

外部音源いれたんだから内部音源はシャットアウトみたいな。

私欲未満さん

2020/6/312:02:06

リズムや音など「音楽の感じ」だけでは、説明しずらいですが、音楽にあった風景や情景、自分の感じていることなど、不意に浮かんだ考えを一つ一つメモしたり忘れないようにすることが大切だと思います
私は音楽素人ですが、将来の夢ではあるので思ったことを書きました

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる