ここから本文です

原発には表、裏があるようですが、どうしてこのようになったのですか。

アバター

ID非公開さん

2020/6/315:01:31

原発には表、裏があるようですが、どうしてこのようになったのですか。

閲覧数:
22
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rnv********さん

2020/6/523:04:44

▲新型コロナ対策は、正攻法でもって薬、ワクチンを開発して行かないと対処できません。奇策などはないのです。原発という事業は正々堂々と議会で支援を要請する一方で、闇の社会と言われる人々にも援助を要請しないと推進することができません。どうして、このようになったのでしょうか。
▲原発には電気という便宜(善)が出る一方で、放射性廃棄物という害(悪)が出ます。日本ではこの放射性廃棄物を”資源”であると法律で定め”無理筋の偽善”を与えました。原発の社会では、”便宜(善)”と”無理筋の便宜(偽善)”を同時並行して進めるという”2重基準”がうまれました。ここに”表の社会”と”裏の社会”ができた背景があるのです。
▲この典型的な事例は、関電の高浜原発スキャンダルです。表では助役という公職にある人が裏ではフィクサーとして、膨大な裏金を操り、背任罪が適応される事件を起こしました。福島の事故では、堤防をつくるという(表の)正攻法を使わず、”裏の社会”にある安全神話を頼りに何か奇策を模索している内に、津波に襲われました。
▲”表の社会”を代表する言葉は、善、公開、本音、正規、合法・・・、”裏の社会”を代表する言葉は、悪(偽善)、隠し事、建て前、闇、脱法・・・。
更に悩ましいのは、”表の社会”のみならず、”裏の社会”にも“総括原価方式”によって潤沢な資金が流れることです。裏(の社会)では、儀礼の範囲などと言う“還流”によって“おいしい”社会が形成されました。
▲原発のあらゆる問題はこの両社会の軋轢、葛藤、誤解、思考停止の結果として生じています。原発を止めない限り、こんな不幸で、不毛な社会は続きます。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/6/612:26:33

    回答を戴きありがとうございました。裏の社会の理不尽さがよくわかりました。こんな2重構造の原発がつづく限り日本の発展はないのでしょうね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2020/6/6 12:29:12

みなさん、回答をいただきありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aki********さん

2020/6/321:01:32

単純化して2面しかないように思わせたい人がいたからです。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

2020/6/320:37:31

核兵器の量産に必要なプルトニウムは天然には存在せず、原子炉を動かす事で中性子線を浴びた核燃料棒の内部でウラン238が変化することで生まれます。なので核兵器の量産にはたくさんの原子炉を稼働することが必須だったので1950年代のアメリカ国防省では「2000・2000」という標語がありました。2000年までにアメリカおよび同盟国に2000基の原子炉を作り核兵器大量生産を実現するというモノです。日本の原発もその一環です。日本ではそれまで研究者たちが細々とやっていた原子力研究に当時の防衛族の議員(中にはCIAのスパイもいた)が関心を持つといきなり年間予算が百倍にも増えます。このお金で裏の仕事を引き受けて儲ける人たちもいますからプロジェクト自体が自己目的化してしまいます。

また海外では冷戦終了で核兵器大量生産という目標が消えたので、使用済み核燃料の高価買取制度が終わって産業規模が小さくなるのですが、日本の原発は核兵器のためではないという建前があったので、それも起こらず相変わらず大量の補助金が降ってくる世界が続いていました・・・

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/6/319:02:55

原発導入には、政治家・中曽根康弘の『核兵器願望』、その協力者『正力松太郎』の行動から見て行かなければなりません。
旧日本軍の上層部の末端に居て敗戦を体験した中曽根は『原爆』に強い願望を持っていたのです。
そして、政治家になり、核開発のチャンスを待っていたのです。
1953年、米国(アイゼンハワー大統領)は財政立て直しとソ連包囲のため、核技術を『原発輸出』という形で輸出を認めたのです。
それに飛びついたのが中曽根康弘です。旧知の正力松太郎(読売新聞社社主)の協力を得て、原発導入へまい進したのです。
中曽根の本音は『電気』ではなく『核兵器』です。
しかし、日本学術会議は原子力研究は核兵器開発に結び付くので厳しい制限(原子力基本法)を作らせたのです。
そこで、表向きは『発電のための原発』としながら、裏で核兵器のための『プルトニウム製造』という『表と裏』をもつ原発政策が作られたのです。
それが現在も続いているのです。

ウイキペディア”日本の原子力政策”に主な流れが記述されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%8E%9F%...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bak********さん

2020/6/316:07:46

表があれば裏もあるハゲーーーー

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる