ここから本文です

大学の遺伝学の授業で出題された課題です。 進化において突然ゲノムサイズが大...

アバター

ID非公開さん

2020/6/1919:15:55

大学の遺伝学の授業で出題された課題です。

進化において突然ゲノムサイズが大きくなった生物において、トランスポゾンが関係している場合、多くはレトロトランスポゾンが原因である。それはなぜか?

トランスポゾンとレトロトランスポゾンがどんなもので、どういう違いがあるかということは理解しています。しかし、いろいろ調べてもよく分かりませんでした。
どなたか分かる方いましたら教えてください。
また、参考になるようなサイトや本も教えていただけたら幸いです。

閲覧数:
125
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ひのさん

2020/6/1919:23:20

この説明を読めばわかると思いますが…。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%88%...

トランスポゾンは移動するだけですが、レトロトランスポゾンはオリジナルを残したままコピーを新しく作って挿入するのです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2020/6/1919:24:55

    つまりトランスポゾンは塩基数が増えずに移動するが、レトロトランスポゾンではコビーしたものが挿入されるため、塩基数が増加してゲノムサイズが大きくなるということですか?

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2020/6/19 20:13:22

大変よく分かりました。
ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる