ここから本文です

京都女子大学名誉教授の小波秀雄先生が、次亜塩素酸水(HClO)について書かれたブ...

apr********さん

2020/6/2011:22:24

京都女子大学名誉教授の小波秀雄先生が、次亜塩素酸水(HClO)について書かれたブログで、
主な作り方として、
1.次亜塩素酸ナトリウム水溶液に酸をまぜて弱酸性にする

2.食塩などの水溶液を隔膜法で電気分解して陽極側の生成物を使う
と紹介されてました。
しかしネットでよく見かける、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを水に溶かして作る水溶液については、全く触れられていませんでした。
この水溶液は、科学的にはHClOとは別物なのでしょうか?

閲覧数:
292
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2020/6/2013:00:08

ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは、プールの殺菌、災害時の水の消毒に使われています。
次亜塩素酸は生成します。
同じものですよ。

  • 質問者

    apr********さん

    2020/6/2013:57:23

    早速ご回答いただきまして、ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gra********さん

2020/6/2012:50:08

6月16日 文部科学省 有人空間に噴霧するケースを認めました。https://jia-jp.net/news.html
に下記の表記がありました。一番最後です。

“PS. この件で朝から何件も問い合わせがある中に、いま東京のある名誉教授から「ノーベル賞受賞者の山中教授がご自身の情報発信のHPで、ジクロロイソシアヌル酸ナトリウム(次亜塩素酸水溶液生成パウダーの主原料)を使って消毒をした後にはウィルスは検出されなかったという論文を紹介しておられました!」という情報をいただきました。”

それと、これ
“次亜塩素酸水溶液の学校現場での活用について
次亜塩素酸水溶液の品質のポイント

次亜塩素酸水溶液を生成する方法は多種多様ありますが、大別すると3つの方法があります。
① 電解方式
②二液混合方式
③粉体還元方式
です。
どの方式に於いて生成された次亜塩素酸水溶液でも水溶液中に存在する遊離有効塩素濃度とpH値が同じであれば非乖離の次亜塩素酸の存在比率は変わりません。品質に大きな格差はないと考えてよいのです。”

ご参考にどうぞ

  • 質問者

    apr********さん

    2020/6/2013:57:12

    迅速かつ丁寧なご回答、ありがとうございました。参考にさせていただきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる