巣の部首について 今度、漢検を受けるのですが 巣の部首を調べたら「つかんむり」なんでしょうか? それとも「まがりかわ」なんでしょうか? ↓のサイトは「まどりがわ」となってますが http://kakijun.main.jp/」

日本語1,427閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(1件)

0

だいたい部首や筆順は出題すべきものではありません。 部首は持っている字書によって変わります。 漢和辞典での配属が便宜的で、字の成り立ちに無関係なもの、明らかに不適切なものが少なからずあります。 筆順は複数の正解があり得ます。 「巣」は当用漢字新字体に定められたもので、現在の常用漢字もそれを踏襲しています。 1945年までは「巢」の形でした。 ですので、字書では「巛」(曲がり川)の部に入れられていました。 てっぺんに[巛]があることに注目したものですが、字の成り立ちとは何の関係もありません。 その意味では「ツかんむり」と五十歩百歩です。 「巢」は樹上の鳥の巣に雛がいるさまを表した象形文字とされます。 下部には「木」があります。 http://www.chineseetymology.org/CharacterASP/CharacterEtymology.aspx?characterInput=%E5%B7%A2 字体が変わって「巛」の部に置くことができず、所属部首を変更しなければならなくなったチャンスに、「木」の部に移せばよかったのですが…。 「果」というお手本があるのですから。 最初の回答にあるように、「巣」の部首を問う問題は出ないと思います。 もし出題するようなら、見識を疑います。 単にその字書を引く際に役立つということ以外、漢字というものの意義に無関係ですから。 「及」も1945年までは「伋」の右旁の形で、「又」の部に属していました。 (これは字の成り立ちから見て妥当です。) 新字体で字形が変わったため、新しい漢和辞典は「丿」の部に移したりしています。