回答(10件)

0

「ツェルニー30番練習曲」は中級入口レベルです。本格的なクラシック曲をやる人に適してます。 40番が中級中~中級上 50番が上級 です。

0

初級者向けでしょうか。 1曲につき1つの音型を、機械的に、限定された比較的狭い音域で、ペダルの必要性も生じない30曲を弾けたところで、全て2ページ未満、反復無しで弾けば、長くても2分強ってところで、サイズ的にも、難易度の面からも、中級の曲に取り組める力が付くとは言えそうにありません。 別の言い方をすれば、中級者には、チェルニー(彼はチェコ系なので、ツェルニーではなく、チェルニーです)30番は、(易しすぎて)役に立たないと言うことです。上級者にとっては「朝飯前」です。

0

中級の入り口です。

初級ですと書いている人がいますが、全音の難易度では中級になっていますが、確かに初級にしてもいいかなと思うふしはあります。 でも、子どもが今まで初級のブルグミュラーとかチェルニー100番とかやっていた子がいきなり30番弾かせると、今までの速度で曲が進みません。早い子は週に3曲くらいやってきて、週に2つくらい進む子はいますが、大抵は1曲を一週間で仕上げられません。 3曲練習してきても、次に進んでもいいよというのは1曲くらいです。 だから、一応中級ということになっているのでしょうね。