朝ドラ「エール」はなんであんなに出来が悪いのでしょうか?

朝ドラ「エール」はなんであんなに出来が悪いのでしょうか? 特に時代考証を無視した現代語に近い話し方とリアクションが酷すぎる。 「おしん」「はね駒」なんか観た後にエールを観るとあまりにもレベルが低すぎて観る気が失せます。 これ以外にも言えますがどうして平成から令和の朝ドラはこんなに幼稚化してしまったんでしょう?

補足

例の「え~~~~っ??」っていうリアクション。 実はこれって30年ぐらい前にダウンタウンがやり始めて流行らせたリアクションなんですよね。昭和のドラマや映画でこんなリアクションはマジで「皆無」です。 同じく「テセウスの船」でも「元気ですか~~!!」って当時猪木がやっていないこととかを堂々とメインワードに使ってるから本当にシラケましたね。 こういう時代考証をまともにしない・出来ないドラマや映画が増えすぎですね。昭和の名画や名作ドラマを観て勉強してない薄っぺらい教養の連中が脚本書いてるんでしょうね。そりゃいいもん作れませんわ。

ドラマ168閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

4

幼稚化というのか時代物ドラマの現代化の波は今に始まった事じゃない。 しゃべり言葉だけでなく登場人物たちの価値観は明らかに男女平等教育を受けた平成以降の考え方に統一されていて現代人が見て考え方の時代錯誤感をほとんど感じないようにチューニングされている。 言ってしまえば戦後を舞台とした現代ドラマであの頃の時代設定風にセットを作ってドラマしているだけだから、ちゃんとあの時代の通りにやれと言っても朝ドラの仮想視聴者像がそこに無いのだからそうなっちゃうよねって事でしかないと思うけど。 写実主義ではなくマンガっぽさというかデフォルメされたドラマ(映画)がトレンドだから、再現率の高さで評価して見てくれる視聴者とマンガやアニメの実写ドラマや映画に慣れた視聴者のどっち取るのって話なんじゃないの。 幼稚化といえば幼稚化だけどそれは制作側だけでなく視聴者側にも等しく言えることじゃないかな。

4人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

質問者さんがおっしゃる気持ち、分かります。 ここ数年ですが、脚本家と製作スタッフとの意見の食い違いや対立が表面化しているらしいです。 https://news.yahoo.co.jp/articles/5c73ce6115bcaaf67780f4b4ae32066490543af4 今回の『エール』に限っては脚本家が別のドラマの脚本を書いていることも理由らしいです。 推測ですが…現在は3人の脚本家が交代で出しあっており、製作側にとって一番都合が良いストーリーを選んでいてドラマ化しているように思います。 そのため『出来が悪い』とお嘆きの視聴者が増えるのでしょうね:-O。

あの名作の『おしん』であっても脚本を書き換えてもらうよう、指示があったらしいですよ。 脚本家の橋田壽賀子さんは妥協したがらないらしいですが、渡鬼などでタッグを組んだ石井ふく子さんによると「あの方は出演者の台詞を長く書くから『橋田長子』ね。」と、昔のとある番組でぼやいてたのが記憶に残っています。 橋田さんが提出した脚本の量は電話帳並みの厚さだったそうです:-O。 https://plus.paravi.jp/entertainment/005635.html

0

>>特に時代考証を無視した現代語に近い話し方とリアクションが酷すぎる。 ある世代からこちらの書き手は、漫画やアニメが創作の基本になっているみたいですね。これは『エール』だけの問題ではありませんが。 『エール』の中でも、 ・絶望した登場人物が、ことさらに土砂降りの雨の中、わざわざ水たまりのある場所に崩れ落ちる。 ・「え~!」と奇声を上げて、目をむいて飛びあがる。 ・慌てた時、やたらと走り回る。 ・ライバル同士が面と向かって睨み合う。 ・美男子のウィンクを受けた女性が、次々に気を失っていく。 など、漫画やアニメが生み出した定型表現がそのままドラマの表現になってしまっています。 でも、定型表現はしょせん定型表現なんですよね。表現が深いところまでいくには、こういう定型表現はむしろ邪魔なんです。例えそれが漫画やアニメから発祥したものでなくても、定型表現の多用はうるさいだけです。 たしかに『エール』、けっこううるさいですよね。

>ある世代からこちらの書き手は、漫画やアニメが創作の基本になっているみたいですね。これは『エール』だけの問題ではありませんが。 本当にこれです。どんな創作物見てもほとんどがマンガやアニメ調なんですよね。演出に限らずセリフや内容含め。 信じられないのですが「キングダム」とか「ハンターハンター」とかを「大人向け」ってマジで思ってる40代が沢山いるわけです。この現状では、そりゃ昭和の様な大人向けの作品なんて作れるわけないです。 一番問題なのが「おしん」や「はね駒」、「太平記」などの昔の大河ドラマを観ても、今の作品の幼稚さ稚拙さに気が付かない若い世代が(40代も含む)多いってところなんですよね。

1

どうしてと言われましてもわかりませんが、スタッフも若くなって古い時代の描き方が雑になってるのかなと思います。 私もやたらとエーッ?!と騒ぐ感じがやりすぎだと思います。口下手で地味な裕一どこいった?という感じです。 唐沢寿明さんももっと普通でも充分に面白い俳優さんだと思うのになぜあんなにコントみたいな演技だったのか‥? ヒロインが強気な女性なのは理解できますが、ほかの女性脇役まで強くする必要は全くないですね。みんなが強かったら音が引き立ちません。 特に銀行の先輩から音楽の先生の奥さんになったキャラの、元?軍人のお義父さんの手を取ってお腹に触らせるところはビックリというかショックでした。お義父さんからの夫‥あり得ません‥現代でもあんな事はやらないと思います。 喫茶店の奥さんのギャグシーンも無駄。

1人がナイス!しています

突然の鉄道モノマネもわざとらしくでガッカリです。あの方はとても好きですが。(色々な職業の人が来たと言いたいのでしょうが。) 朝ドラは面白い脇役が人気!と脚本家もスタッフも思い込んでるのかと思います。 本筋が面白くて初めて脇役も活きると思います。 ミュージックティーチャーの再登場も必要なのか?

0

制作者たちの年齢層が低いこともあるのか、若い視聴者ウケも狙っているのかも知れないが、朝ドラファンは決して視聴者層は若くないので全体に質問のような違和感と拒否反応があるのだと思います。 わたしもこの時代にこのノリはないだろうに何故これで良しとするのだろうと不思議に思うことしばしばです。 これはこれで良いとGOを出す局の上層部がいるのですからどうしようもありませんよね。汗