ここから本文です

アマチュア無線をしているものです。Twitterをやっているのですが、ツイート上に交...

アバター

ID非公開さん

2020/6/2623:30:19

アマチュア無線をしているものです。Twitterをやっているのですが、ツイート上に交信した局の運用地、レポートを上げている方がいますが、あれは合法ですか。回答よろしくお願い致します。

補足皆様、回答ありがとうございます。フリーライセンス局の方も、同様でしょうか。併せてお聞かせいただきたいです。よろしくお願い致します。

閲覧数:
87
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

PR

ベストアンサーに選ばれた回答

ntr********さん

2020/7/116:49:29

他の方の回答にもありますが、
アマチュアは通信実験が名目になってるので
秘密ごとはないことになっています。
なので交信の公開は問題ないでしょう。

以前YouTubeに交信を無断アップロードされた方が
こちらにおられましたが、削除申請しても認められず
公開禁止にもならなかったそうです。
本人であることの証明問題もあるかと思いますが、
上記の理由も多いにあるかもしれませんね。

フリーライセンスも同様かなと思います。
ただ、フリーの場合は何らかの秘話設定ができますが
それをしている場合は例外かもですね。
通信の秘密をバラしてることになるわけで、この場合は
立派な法律違反になります。
特に最近、相手のGPS座標がわかる場合もありますが
それら含め、個人特定に繋がりそうな内容と思われたら
アップしないことですし、している人がいたら
咎めてもいいかもですね。
その情報だけでは問題なくても、TLを眺めると
本当に個人が特定できることもあります。

ちなみにフリラでもアマチュアでも関係なく、
窓からアンテナ出してるTwitterの写真なんかあれば
大体の住所はわかっちゃいますね。
そのツイートだけなら至難の業ですが、
大抵はTLに居住地ぽい手がかりを流してますから。
そして大抵、それする人はアパマン住まいです。
見晴らしがいい=見つけやすい ということにも。

Twitterはバカッターと言われることもありますが
全く余談ながら、バカッターがらみの話として。

アマチュア無線の当日試験で、会場にある当日合格発表リストの
写真をとってツイートする人があとをたちません。
本人らも馬鹿騒ぎで写ってて、でも顔とかは絵文字で隠してますが、
こいつら何考えてんのかな?!って思います。

合格者の受験番号は、主催団体が期間限定でネット公開しますが
ログインなしで見られる場合でも、大抵2週間前後ですね。

でもTwitterにあげると、その人が消すまでネットに残ります。

もし受験番号が、本人以外に知られてしまった人がいてたら、
本人が試験を受けに行った事実や、落ちてしまった事実も
それを辿ればモロバレになりますね。
受験者の不利益につながる恐れもあり、主催団体も期間限定に
してるのに…と。

合格を知らせるなら、通知ハガキをうpするだけでいいのと
つくづく思います。(そしてこれこそが正式な合格通知)

今回のこういった疑問の質問は有益だと思うし
いいところに気が付いてるなと思います。

どこぞの無線系YouTuberもこういうことを
ちゃんというべきだと思いますね。

参考になれば幸いです。

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/1 23:24:05

皆さま、回答ありがとうございました。1番分かりやすい回答だったのでBAにさせていただきました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

さん

2020/6/2711:12:19

アマチュア無線なら問題ありません。ただし、航空無線や鉄道無線などを受信したものを公表すると問題があるものもあります。一般に開放しているものなら大丈夫なものもありますが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

次亜塩素さん

2020/6/2710:26:35

合法です。

(1) 「傍受」ではないので、電波法 第五十九条に違反しません。

第五十九条 何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信を傍受してその存在若しくは内容を漏らし、又はこれを窃用してはならない。

(2) 問題は電波法の第百九条の方ですね。

第百九条 無線局の取扱中に係る無線通信の秘密を漏らし、又は窃用した者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
2 無線通信の業務に従事する者がその業務に関し知り得た前項の秘密を漏らし、又は窃用したときは、二年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

に引っかかる可能性があります。

アマチュア無線局というのは「アマチュア業務をおこなう無線局」ですが、アマチュア業務というのは、電波法施行規則の第三条に規定があります。

第三条 十五 アマチュア業務 金銭上の利益のためでなく、もつぱら個人的な無線技術の興味によつて行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務をいう。

というような業務なので、アマチュア業務の中に「業務上の秘密」は無いというのが、現在の解釈です。なので、電波法第百九条にも違反しません。

従って、通信した当の本人が、自分の意思で、通信に関する事柄(通信内容、相手局の情報など)を公開することには、何の制限もありません。


なお、アマチュア無線で、仕事の話や私的な話をするのは、違法です。その場合は、誰かが傍受して、通信内容を漏らしたとしても文句は言えません。違法な行為が法によって保護されることはありません。

ID未登録さん

2020/6/2710:01:12

良いよ...。

良いよ...。

nan********さん

2020/6/2708:53:58

電波法 第五十九条は「特定の相手方に対して行われる無線通信(・・略・・)を傍受・・・を漏らし・・・」 となっています。

ここで、ン!!と思ったのは「特定の相手方」となっている事についてです。 特定の相手方を呼び出すのが「呼出符号(所謂コールサイン)」じゃないのか、というのが素朴な疑問でした。 それなのにアマチュア無線が始まった昔から第五十九条違反と思われる事例は枚挙にいとまがなくJARLでも公然でした。

何時の頃(昭和の終わり頃?)からか知りませんが、そしてその59条との絡みかどうか知りませんが、多分法律が変わり、コールサインは「識別符号」と言う事になり、前述した素朴な疑問は解消されたと思います。

なので総務(郵政)省のアマチュア無線の通信は特定の相手方の対する通信ではない、という以前の苦しい見解は今ではまぁそうかな、という事となって定説になりました。
結果的にこの質問者の疑問は、合法かどうかはともかく違反ではない、と言う事になると思います。(但し違反ではないが、合法かどうかとは別と思っています)

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2020/6/2707:24:35

関東では合法ですね。
関東総合通信局に問いあわせると
「アマチュア局の行う交信は電波法 第五十九条で保護するべき『通信の秘密』を含まない」という回答が来ますから。

もっとも・・・
電波法 第五十九条は「~~無線通信(-略-)を傍受して~~」ですから、質問者さんが交信の当事者である場合は そもそも該当しないでしょう。
全国的に大丈夫でしょう。


ただし民事的責任は別問題ですから ご注意ください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる