ここから本文です

今年私のよく行く、釣り場ではチンタがよく釣れますが、大きいのが全く釣れません...

yta********さん

2020/6/2900:03:35

今年私のよく行く、釣り場ではチンタがよく釣れますが、大きいのが全く釣れません。
これはチンタが増えているのでしょうか、潮、時合いなどが悪いためでしょうか誰か教えてください
毎年行っている釣り場ですが、今ま

でチンタがこんなに釣れたことも、30~50センチのクロダイが釣れなかったこともありません

閲覧数:
3
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

kuroさん

2020/7/111:19:55

時期や水温の状況などもあると思います。
私がホームとしているエリアでは、4月~6月ノッコミになります。ノッコミは大型のクロダイのヒット率があがるのですが、ノッコミ終盤6月末くらいになると20cm前後の小型ばかり(マダイも交じる)釣れるようになります。
また、10月~12月も冬眠前の荒食い、秋磯シーズンになるのですが、これもまた9月末から10月走りの時期は小型ばかり湧いていることが多々あります。
大型がいないのではないと思いますが、小型のクロダイが環境的に荒食いできる状態にあるからだと思います。
大型が全くいないという事でもないともいますが、小型の数が多すぎて先にサシエに食らいついてくるという状況が考えられます。
要するに小型のクロダイがエサ取りになっているということです。

そのような状況の中で大型に食わせたいと考えたときに私がやっていることは二つです。

①比重が重くまとまりの良いコマセをなるべく海底に溜める。
宙層でコマセに入ったオキアミをエサ取りに拾われて海底にきいてない状況を避ける。
②大きめのネリエ(又は殻のついた大きな丸エビ)をコマセを溜めている地点から5~10メートル沖にキャスト。
コマセの煙幕に刺さってくる小型と離れた地点に投入。海底に着底させてじっと待つ。これです。

大型のクロダイはコマセの煙幕に飛び込んでいくというよりは、少し離れた地点で小型のクロダイを威嚇しながら自分の陣地で海底に落ちたコマセを拾うように食べています。(これはダンゴ釣りの海中映像をyoutubeで何度も見て研究しました)

なのでコマセの投入地点に直接入れなくても、アバウトで問題ないのです。
また、小型が湧いているときにコマセの中心に入れれば当然、小型に先に取られてしまう可能性が高くなります。
大型は基本底、大きなサシエをズドンと海底に落としてじっと待つ。
試してみてください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる