稲田検事総長が退任へ、後任に林検事長…国民の信頼回復が急務。 検察トップの稲田伸夫・検事総長(63)が7月中に退任する意向であることが関係者への取材で分かった。 後任には林

稲田検事総長が退任へ、後任に林検事長…国民の信頼回復が急務。 検察トップの稲田伸夫・検事総長(63)が7月中に退任する意向であることが関係者への取材で分かった。 後任には林 真琴・東京高検検事長(62)が就く見通し。 検察ナンバー2だった黒川弘務・前東京高検検事長(63)が賭けマージャン問題で5月に辞職しており、林氏にとっては、国民の信頼回復や検察組織の立て直しが急務となる。 稲田氏は法務省官房長や同刑事局長、法務次官などを歴任した後、東京高検検事長を経て2018年7月、検事総長に就任した。 いかが思われますでしょうか?

ベストアンサー

0

稲田氏が次官に就任した時に自身の後任に,林氏を刑事局長にした時から検事総長になる予定だったわけです。刑事局長が次官になるのが慣例です。任期も慣例で2年ですし,7月で丁度2年になる訳で意中の人物を指名できるわけですから,当然の流れですね。それ以下でも以上でも有りません。本来これが予定の行動だったわけです。

その他の回答(1件)