ここから本文です

川井憲次の音楽の魅力って何でしょう? いい映像音楽を探してたら彼の評価がとて...

kan********さん

2009/2/122:12:10

川井憲次の音楽の魅力って何でしょう?
いい映像音楽を探してたら彼の評価がとても高かったので、ガンダム00の彼のサントラを借りて聴いたのですが、 ファンの方には申し訳ないですがしょぼく感じました。

彼の音楽はどう良いのでしょうか?

閲覧数:
3,380
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/2/200:37:09

映画音楽の作曲家は、監督の演出意図に沿って作曲します。
したがって、サウンドトラックには監督の趣味や才能が少なからず影響を与えます。
そういう意味では、川井憲次と押井守の組み合わせの時、非常にマニアックで実験的な曲が出来ます。
また、劇中の音楽は、映像や効果音と組み合わさった形で完成しますから、単体で聞くと重要な部分が引かれているものです。
そういう意味でサウンドトラックアルバムでその作曲家を評価しようと思ったら、エンディングタイトルやオープニングタイトルを聞くべきです。
というわけで、
機動警察パトレイバー劇場版第1作のエンディング「朝陽の中へ」
攻殻機動隊Ghost In The Shellのオープニング「謡」
アヴァロンのエンディング「Log in」
スカイ・クロラのオープニング「The Sky Crawlers::main theme_opening 」
を聞いてみてください。
これらはオススメできます。
川井憲次だからと言って、すべてが傑作なわけではありませんので。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sir********さん

2009/2/212:27:42

川井音楽の一番の持ち味は金管楽器による華やかな主旋律の使用、でしょうか?

また聴き慣れた人ならすぐに「川井憲次の曲」と
判別することができる特徴的な音色。
翻せばワンパターンともとれますが
「川井憲次の音楽の引き出しは1つしかない。
だがその引き出しは怖ろしく深い」
と田中公平氏が評しています。
このいわゆる「川井節」の底知れぬ深さが
ファンを魅了していると言えるのではないでしょうか。

加えて他の回答者さんも言及している通り
劇伴音楽というのは映像と掛け合わせる事で完成し
それを前提に作曲されます。

特に川井氏は作品のビジュアルからインスピレーションを得て
音を作り出していくタイプの作曲家なので、
音楽単体で鑑賞すると魅力が半減してしまうのではないかと思います。

sit********さん

2009/2/122:33:45

アニメを見ていない人は彼のよさが音楽ということで終わってしまいます。
アニメとあの音楽を合わせてみるとすばらしい作品になると思います。
普通は音楽だけでも楽しめるものですがそれは個人の趣味ということでしょう。

drh********さん

2009/2/122:19:03

彼の曲だと分かる点にあると思いますw
一部で有名なD4プリンセスの曲は中毒性が異常に高い

shu********さん

2009/2/122:18:51

川井さんのことには詳しく知りませんが

00の曲の良さは
アニメと非常にマッチしているんです。
俳優の半田さんも言ってましたが
00の曲って台詞を潰さないんですよ。さりげなくかけてる感じ。でも、かなりそのアニメの状況とあっている。
違和感が無いってことです。


だから00のアニメを見たら
曲の良さが分かると思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる