ここから本文です

2010年にJISの製図法が改訂されてザクリの表記が変わりましたね。 添付画像の表記...

eng********さん

2020/7/321:12:48

2010年にJISの製図法が改訂されてザクリの表記が変わりましたね。
添付画像の表記です。
この表記は世間のCAD製図者や加工者に浸透しているでしょうか。

JISが改訂されたのだからということで
このザグリの表記を使って製図をすると、
上司は「まだ世間に浸透していないから前の表記が良い」と言います。
CADの仕事をされている方、または加工業者の方にお聞きしたいですが、
この新しいザグリの表記は業界では浸透しているものでしょうか?
なお、あくまでも私の個人的な感覚なのですが、
新しいザグリの表記はどことなく間が抜けたような感じがして、
あまり好きではありません(笑)。
皆さんはどうお感じになりますか?

新しいザグリ,表記,製図,JIS,世間

閲覧数:
78
回答数:
6

違反報告

回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cas********さん

2020/7/722:19:16

こういうのって「こだわり」です。

声の大きいものが勝つ!!

図面屋は浸透している方だと思う。敏感ですから。

fis********さん

2020/7/615:41:12

たしかに、多くの方が言うように、加工の現場では旧来の表記方法が横行しています。
新しい表記方法が浸透しているかと言われれば、ほとんどしていないでしょう。
しかし、現場で第一線で働いている人たちは、今や平成の教育を受けた平成の技術者達です。
その技術者達にいつまで昭和の初期の図面の描き方を押し付けるつもりでしょうか。

以前は、大きな会社ほど古い表記方法を残していると言われていました。
全ての図面を修正するとなると大変なことになるのは、察するに余りあるでしょう。
しかし最近では、大企業でも比較的新しい表記を行うようになってきつつあります。
例えば、二発、三発と呼ばれていた仕上げ記号、組付け部は二発、摺動面は三発と言われていたと思いますが、
JISでは数十年前から「三角記号はやめろ、Ra、Rz等で描け」と言われていて、
ようやく大企業もそれに倣うようになってきています。

ザグリの記号表記は確かに面倒くさいかもしれませんが、
AutoCADであれば、ブロック定義、属性定義等を使って煩わしい入力を減らすことも可能です。
JISがISO準拠になり世界標準に合わせるような時代になってきていますので、
少しずつでも改革を進めていかないと、いつまで経っても、最先端を行く技術者達に世相に逆行して、
昭和の初期の風習を押し付けることになります。

加工の現場に伝えるのは面倒なことかもしれませんが、
「何々の表記方法はこの表記方法に替わります」という説明を、
書面をもって一度説明すれば良いだけなので、改革を進めていくことも大事なことだと思います。

具体的には私もザグリの表記に関しては、両方使っています。
加工現場ではなく、ユーザー(お客様)に合わせている形です。
でも少しずつでも自分が変わっていかないと、周りも変わってはくれません。

eng***さんも昭和の初期の風習を見直してみては如何でしょうか。

  • 質問者

    eng********さん

    2020/7/720:34:51

    うちの会社で使っているのはAutoCAD Mechanicalなので、
    最新のJISの記号が入っています。
    私はそれを使いたいのですが上司が難色を示すので、
    これからはこちらから押し切ろうと思います。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/7/415:10:06

座グリはボルトや、ねじの頭の部分がもぐりこむ「落としこみ部分」のことです。
#ゼロ戦の沈頭鋲処理

昔の紙の上の製図では、いちいちそれを描くのが「めんどくさい」ので、表記だけで処理します。

いまCADは大概3Dなので、すべてきちんとその落とし込みの径や深さ・形に表現します。
#いちいちそれを描くのが「めんどくさい」ので、表記だけで処理することは3DのCADではないです。

ここいらの薄板板金曲げ加工や厚板切削加工の、ダボ穴やザグリ加工、ねじきりタップたて 研磨加工といった作業は、熟練の加工職人がそれ専門にやってるような、試作加工の末端の作業。

なので
>いつまでたっても多くの現場で50年前と同じような図面がやりとりされることになります。

そんなところに向けて出す図面や指示書は、末端の作業者にそれが伝われば用が足ります。

座グリはボルトや、ねじの頭の部分がもぐりこむ「落としこみ部分」のことです。
#ゼロ戦の沈頭鋲処理...

  • この返信は取り消されました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gan********さん

2020/7/411:25:01

うちで使っているCADでは記号も入っていますので、新しい(と言っても10年も前の改変ですよね)ほうで、製図していますよ。

客先も規格が変わればすぐに対応する所が多いです。
特に大手はそういうのに敏感ですね。
JISの改変をしっかり追って社員に周知させるようにしている客先もあります。

うちは客先に合わせて製図する会社ですが、多くのお客様がもうそのザグリ表記に対応していますよ。

  • 質問者

    eng********さん

    2020/7/720:36:29

    うちの会社で使っているのはAutoCAD Mechanicalなので、
    最新のJISの記号が入っています。
    私はそれを使いたいのですが上司が難色を示すので、
    これからはこちらから押し切ろうと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yam********さん

2020/7/323:51:30

無理だね、浸透させる前に「CAD」で描けない。

今時CAD使わずに製図することはないから、バージョンアップなんて待ってられない。

旧バージョンとのデータの互換性もなくなる。

導入は不可能。

他回答のように、何十年も前に廃止された三角記号が現役の会社も現実にある。

加工業しゃだってついて来られないよ。

JIS規格は改正のたびに変になる一例だね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる