ここから本文です

いま中国の三峡ダムが洪水で決壊しそうなのは本当でしょうか?

アバター

ID非公開さん

2020/7/508:35:57

いま中国の三峡ダムが洪水で決壊しそうなのは本当でしょうか?

閲覧数:
2,035
回答数:
9

違反報告

「三峡ダム」の検索結果

検索結果をもっと見る

回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ldu********さん

2020/7/1117:03:54

事実ではあるね
現在上流のダムも三峡ダムもダムの機能を果たさず流しっぱなしだからね
これ以上の雨量は無いだろうって事で決壊しないって事だが
上回れば確実に決壊する
一番懸念されているのはダム自体でなく船舶用の水門周辺の強度で
ここから決壊する可能性が指摘されている

地質が脆い場所に作られたダムなので地滑りやがけ崩れが多発しており
水位を上げられなくなっているが、これらはさらに悪化するだろう
ダムの強度には問題ないだろうが周辺に問題がありすぎるので
このままいけばダムとして機能しなくなるのは時間の問題だ

  • ldu********さん

    2020/7/1117:15:43

    グーグルアースの写真三峡ダムが水圧でゆがんでるというのがあるが
    あれは事実では無く衛星の問題なのだが
    ここで中国の脊髄反射的な隠ぺい体質が発動
    歪みは問題ないレベルと発表してしまった事で信用を失った

    現実問題として今三峡ダムは流しっぱなしで
    今のレベルだと決壊は無いだろうと言うのも事実
    しかしダムとしての機能をはたしていないのも事実
    決壊のリスクが常にあるダムなのも事実
    そしてそのリスクは年々高くなっているのも事実

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ID非公開さん

2020/7/718:39:14

基本的にデマです。三峡ダムが危ないと言われるのは毎年のことで、建設前から言われていました。

今、洪水になっているのは三峡ダムのせいではなく、大雨で仕方のないことです。決壊するとしたら、上流のダムが破壊されたりして、衝撃波のようなものが来たときか、地震ぐらいじゃないでしょうか。

izu********さん

2020/7/702:30:46

2週間前なら可能性はあったかもね
ところで、日刊ゲンダイの記事であるW
それがネットで拡散されてるだけ
中国バカと書けば、日刊ゲンダイは売れる
日刊ゲンダイの読者層はどちらかというと団塊左翼だが、
左翼は親中なのは少数派(中国共産党とは敵対)
そして、親ソ連派(土井たか子が筆頭・コミンテルンのメンバー)
と、日本中心の世界革命(日本共産党)
に大きく分かれる
もし本当に決壊しそうだったらアメリカでなんかいってるでしょうねえ

  • izu********さん

    2020/7/702:37:27

    あとおお元の話なんだが、グーグルアースの写真でもって
    「さんきょうだむが水圧でゆがんでる」という話があったのね
    ゆがんだのならとっくにぶっ壊れてると思うが
    中国のネット民のほうでそんなことを書き、それが広まった
    そして、グーグルアースのほうで、写真を修整した
    という経過がある
    衛星写真を平面にするのであれば、そりゃそういう風になるだろうねえ

    まあ元からさんきょうダム危機説の根拠はそんな話
    これを中国共産党がグーグルに圧力をかけたのだ!
    と演説すれば、決壊するという結論になるし
    グーグルアースのほうでそんな話になったので修正したのだ
    ということであればただのネットバカの話W

  • その他の返信(3件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2020/7/610:56:29

三峡ダムの上流の雨量が増えるのはこれから7月いっぱいが予想されており、今年は例年になくかなりの雨量の恐れがあります。もしかすると1931年と同じほどになるかも知れません。その場合には、三峡ダムの治水能力を超えてしまうかもしれず、緊急放流で、ダム湖に流れ込む流量と同じ量の水を下流にながしてしまうことになります。どれだけ雨量が多くなっても、同じ量の水を放流すれば水位が変らず、決壊にはなりません。「放流能力を超えたらどうなるか」ですが、毎秒3万トンの放流をしている時のゲートの写真を見ると、その3倍程度が最大だというのが私の推測です。それを超えると越流が始まります。地下を通る配管で発電用に毎秒2万トン程度が常時放流されていますから、合計毎秒11万トン。これは過去に長江の下流で観察された最大流量に匹敵します。ダムの上流は、平均的な雨量が少ない地域です。しかし、現在ダムへの流入が毎秒5万トンに達したというニュースがあり、再確認はできていませんが、最大値の半分程度。かなり大き目の数字です。
最大放流で足りず越流が起き始めるとダムの上部が越流に含まれる土砂で削られダメージを受けます。幸いなことに大きな落差があるのでダム湖の手前で大きな岩や石は沈下してくれますから、越流によるダメージは比較的ゆっくりだと推測されます。それでも越流はダムにかなりのダメージを与えます。つまり越流が始まった段階では、長江の下流は他の支流からの流れ込みがゼロでも過去最大の流量になり下流地域で本流の氾濫が発生する可能性はかなり高いわけです。
現在は毎秒3万トンの放流をして今後の降雨に対する余裕を作っている段階で、湛水時の基準水位より30メートル低い水位を保っています。今後さらに上流での降雨が増え、ダム湖に流入するのが毎秒8万トン。流出するのが、現在の放流と発電用の合計5万トンだとすると、約12日でダムが危険水位に達します。この余裕は、大変大きなもので、洪水の確率はとても低いものになっています。電力会社の売電収入をはるかに超える水資源の破棄をさせられているわけです。中央政府の命令とはいえ大変な損害ですね。
なお、現在までの調整の放流で長江本流の下流が氾濫したということはありません。氾濫しているのは、本流に流れ込んできている支流の流域で、ダムの放流とは無関係です。ダムの放水量は、揚子江の下流の水位を見極めて調整していますから、放流で氾濫となれば、責任を問われます。
30メートルの余裕は、過去に記録の無いレベルの降雨が12日続くということを前提とした数値です。日本では、気象予報がどうであっても、こんな余裕を持たせるようなダムの運用をしたら、電力会社の株主総会で全役員総辞職の上、背任で刑事訴追を受け、生涯払いきれない賠償責任を問われます。
ダムによる治水は、決して万能ではなく、しゅんせつ工事と川幅拡張工事で最大流量を確保する方が良いことは誰でも知っていますが、球磨川上流のダムが緊急放流とほぼ等量の放流をせざるを得なかったのは、予備放流が足りなかったわけです。予備放流による電力会社の損失について、治水の恩恵を受ける地域住民と、防災政策を推進する国が負担するという制度が必要です。

  • 2020/7/715:26:49

    7月7日15時現在、中国大陸での梅雨前線がこの質問があった時以上に激しく活動しています。南シナ海、東シナ海からの水分が大量に入り込んでいるようで、回答させていただいたときより少し危険性が高まっています。三峡ダムより下流の降雨が半端ではありません。しばらくの間警戒が必要です。下流は、支流の傾斜が小さく、局地的豪雨で、支流の途中で氾濫するというタイプになる可能性があります。長江の河口付近での氾濫にはまだ余裕があります。ダムの上流の総雨量は、ダムの想定内におさまっているようで、ここ数日は、下流の様子に合わせて放流量を押さえるのではないかと感じています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

ID非公開さん

2020/7/509:21:40

人が造ったダムはいつか必ず壊れますよ。明日かもしれないし1年後かも。明日にでも壊れるって言う声は世界中の人たちの希望的観測だと思います。コロナ菌を浄化しないといけませんからね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる