回答受付が終了しました

平面の絵でフォトリアルなものをつくる場合、CGとデジタルイラストではどちらが効率的なのでしょうか?また、デジタルイラストでフォトリアルなものを描く場合にはどのような技術が使われているのでしょうか?

平面の絵でフォトリアルなものをつくる場合、CGとデジタルイラストではどちらが効率的なのでしょうか?また、デジタルイラストでフォトリアルなものを描く場合にはどのような技術が使われているのでしょうか?

回答(2件)

0

ものによるし人によると思いますが、人間とか複雑なものを作る場合、角度を変えたり動画にしたいとかじゃないなら、画力があるならイラストのほうが早いのではと思いますが…。 その人のスキルがどれくらいあるか次第でしょうね。 写真を加工するとかトレスするとかは無しとして、手描きのイラストで写真みたいにリアルにするのにはデジタルでもアナログでもいっしょですが、とにかく画力です。 デジタルイラストだから何かすばらしい技術があって、勝手に絵がうまくなるとか勝手にリアルになるとかいうことはありません。 ただデジタルだと書き直しや修正ができるとか、レイヤーとかマスクとかカスタムブラシとかを使って、アナログでは難しい、めんどくさいことを楽にできる、というのはあるかもしれませんね。

0

すでに映画では当たり前のSFXでは、3DCGで静止画動画を作ってます。 ジュラシックパークの恐竜やゴジラ、変形ロボットトランスフォーマー 大洪水や地震で崩れるビルや溶岩を垂れ流す火山など、いまはもうぜーんぶ3DCG。

この人物絵は3DCG パラメーターを調整するだけで、誰でもこの人物がゼロから作れる >画力があるならイラストのほうが早いのでは >フォトリアルな手描き2DCG制作の達人と、フォトリアルな3DCG制作の達人が、同じフォトリアルな人物を制作する場合であれば、間違いなく手描き2DCGの方が速く完成します。 ↑ 笑っちまうぜ~。3DCG使ったことないのが丸わかり。 さてフォトショップなどでこの人物を真っ白の画面にゼロから描くのに、いったいどれだけ時間がかかると思う?

画像