ここから本文です

「自分が与えられた任務というものは、自分ができる範囲のものであるはず」。

nip********さん

2020/7/523:25:01

「自分が与えられた任務というものは、自分ができる範囲のものであるはず」。

https://seikatsu-hyakka.com/archives/55776
任務を与える側から見た場合、採用して間もない従業員が「できる範囲」というものを、どのように読み取るのでしょう。
年齢?学歴?顔を見た感じ?少し話した感じ?

閲覧数:
7
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

net********さん

2020/7/523:44:08

まずは「雇用形態」ですよね。

採用して間もない人も、無知識未経験なのか、知識はあるけど未経験なのか、経験者なのかによって、バイト採用、派遣社員採用、契約社員採用、正社員採用等、雇用形態が分かれているはずです。

高卒新人なのか、大卒新人なのか、中途採用なのか、一般職採用なのか総合職採用なのかでも違います。

それで、バイトにはバイトの任務、契約社員には契約社員の任務、一般職正社員には一般職正社員の任務、総合職正社員には総合職正社員の任務があります。

質問した人からのコメント

2020/7/12 21:47:59

まずそれだと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sak********さん

2020/7/1219:35:49

一番最初は、その新人の能力がわからないので、
新人でも出来る仕事の範囲というのは、一番簡単な作業です。
学歴や会話の内容など全く関係ありません。

あとはその成果を見て、段々と難易度の高い仕事を渡して
いきます。それが「その人が出来る範囲の仕事」です。

出来る限界を知る上での課題なのでは?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる