ここから本文です

今年の梅雨は、雨が降り過ぎですよね。 地球温暖化の影響でしょうか? こんなに...

アバター

ID非公開さん

2020/7/703:54:17

今年の梅雨は、雨が降り過ぎですよね。
地球温暖化の影響でしょうか?
こんなに毎日降雨の梅雨は珍しいような気がしますが、どうでしょうか?

閲覧数:
86
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ion********さん

2020/7/705:41:08

>地球温暖化の影響でしょうか?

そうです。海水温が上がっているのでその上空の水蒸気が多くなり、前線に向かって吹き込んでいます。

アバター

質問した人からのコメント

2020/7/11 12:19:00

皆さん、ご回答ありがとうございました。
とても勉強になりました。
何方を選ぼうか迷いましたが、選ばせて頂きました。
また機会があればよろしくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sec********さん

2020/7/1020:23:33

梅雨の日本に押し寄せていくる水蒸気は、インド洋で発生したものです。現在、インド洋の東側では水温が上がり、大量の水蒸気が発生する状態にあります。
インド洋ダイポール現象と言って、エルニーニョ/ラニャーニャ現象と同じように、インド洋の海水温の分布が変わる現象です。
この現象は、エルニーニョと同じく、温暖化で顕著になり頻出することが指摘されています。
http://www.jamstec.go.jp/j/jamstec_news/20200518/

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/7/721:03:14

線状降水帯による豪雨と地球温暖化の関係はありません。豪雨が温暖化で増えるという気象統計上の根拠はありません。

単に温度が高いだけでは豪雨になりません。例えば、最も温度が高い8月上旬に豪雨が多いということはありません。
気温50度のサハラ砂漠やデスバレー、ダナキル低地で豪雨が多いわけではありません。

暖気と寒気がぶつかり合い、梅雨前線、秋雨前線ができている時に太平洋高気圧が例年よりも東寄りになっていると、太平洋高気圧の縁を右回りに回ってきた湿った南西風と前線の西風が日本付近で合流して、巨大積乱雲の列ができます。

その結果、線状降水帯ができて、豪雨になります。

異常気象は温暖化のせいではありません。
異常気象は偏西風の蛇行、エルニーニョ、ラニーニャ、北極振動によって起こるというのが専門家の見解です。

梅雨の時期に毎日のように雨が降るのは普通のことです。

2020/7/717:41:29

近年の梅雨は豪雨になります

一昨年の西日本豪雨について気象庁は、地球温暖化が原因と昨年に発表しています。

日本近海の海水温の上昇と気温の上昇で大気は大量の水蒸気を持って前線に湿った南風を送り大漁で規模の大きな積乱雲で豪雨のもとになります

この傾向はずっと続くのですが、梅雨前線の北上も予想されています

bak********さん

2020/7/712:03:27

それを質問されて何か得るものがありますでしょうか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

chijiu0055さん

2020/7/707:09:04



そおおおおですよねええええ!!!後で気象記録等でもって裏付け確認をやりましょうよ!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる