ここから本文です

BがAの代理人と称してCから金銭を借り入れる契約を締結したが、Bはその契約につい...

jeo********さん

2020/7/906:53:50

BがAの代理人と称してCから金銭を借り入れる契約を締結したが、Bはその契約について代理権を有していなかった。その際、CはBに代理権があると過失なく信じていた。

この場合に関する以下の記述のうち、表見代理が成立しないものを1つ選びなさい。

①BがAの実印を盗み、委任状を偽造して契約を締結した場合
②契約締結の前に、AがCに対して、Bに代理権を授与したかのような通知をしていた場合
③契約締結の前に、AがBに対して、Dから金銭を借り入れる契約を締結するための代理権を与えていた場合
④Aは、かつてBに対して、Cから金銭を借り入れる契約をするための代理権を与えていたが、Cとの契約が結ばれる前にBを解任していた場合

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

回答

1〜1件/1件中

ccx********さん

2020/7/1201:29:17

1かな?
私も答え知りたいのですが、解決しましたか?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる