ここから本文です

新型コロナウイルスに関係する可能性のあるQ&Aです

主要ニュース、発生状況、受診の目安など最新情報をまとめています。新型コロナウイルス感染症について詳しい情報をお知りになりたい場合、ご確認ください。

新型コロナウイルス感染症 最新情報まとめ

生活が苦しいです。藁にもすがる思いで、こちらに来ました。家庭診断を是非ともお...

weo********さん

2020/7/1009:50:17

生活が苦しいです。藁にもすがる思いで、こちらに来ました。家庭診断を是非ともお願い致します。

・夫年収 820万円(手取月38万円ボーナス手取年間180万円)
・私パート コロナ前は月8万円(3,4,5月は0円6月20000円

,7月24000円予定)
・夫、私共に46才
・子供2人(高校3年生、高校1年生、共に私立高校)
・住宅ローンは10年後返済予定、残金約1000万円
・貯金700万円
・ボーナスの使い道
《手取の1割主人へ18万、帰省代20万、家族旅行20万、交際費(去年結婚式4件葬式5件お見舞い3件)20万、家電品15万、固定資産税159000円、その他雑費20万、》年間約50円の貯金




・住宅ローン 121483円
・食費 55000円(お弁当2人分込)
・光熱費 21000円
・携帯 21000円(4人分、家電話混)
・保険 21000円
・小遣い 60000円(夫5万、子供各5千
・日用品 8000円
・通院代 3500円
・教育費 82000円(授業料月割)
・通学代 20000円(月割)
・長女塾代 28000円
・私の親への仕送 25000円

支出合計 465983円
6月収入 400000円
6月収支 ―65983円

以上が6月の収支です。以前車を所持していましたが、次女の高校進学を機に処分致しました。お小遣いが多いと思われるかと思いますが、夫は会社関係のゴルフ、散髪、昼代、飲み代、被服代、を含んでいます。私の親への仕送りですが、母子家庭で苦労をかけて育てて貰った事、年金も少なく生活が苦しいとのこで、夫にも理解してもらい援助しています。
節約出来る所はしているつもりですが、もうどうしていいか途方にくれています。

長女は大学進学希望し、来年150万おりる学資保険に入っていますが、初年度でほぼ使い切ってしまうので、不安でしかないです。又、次女も大学付属なので、確実に大学に進学すると言っています。

今、子供2人私立高校で、東京都支援金で授業料免除されるため、扶養ないで働いていますがフルで働くべきか悩んでいます。
夫に相談した所、コロナの影響で就職は難しいし、パートも少ないなら将来の為に資格を取ればと言われました。資格を持てば、最終的に仕事に繋がるからと。
でも私は、目先のお金がちらついてしまい、どうしていいか悩んでいます。

もっと節約出来る所あるでしょうか?
4人家族食費3万円とかを良く見て参考にしていますが、どうしても出来ないうまく行きません。

取り留め無い内容で解りにくいと思いますが、是非ともアドバイスをお願い致します。

閲覧数:
1,834
回答数:
19

違反報告

「苦しい」の検索結果

検索結果をもっと見る

回答

1〜5件/19件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

タカノリさん

編集あり2020/7/1700:55:08

お子さまの学費に不安があるなか、お一人で悩まれて辛いことでしょう。
貴方の6月分家計状況をみると、他の回答者さまも指摘のあるとおり、学費関係をのぞけば、住宅にかかる固定費と夫のお小遣いが大きな割合を占めているものと感じられます。
夫の年収は非常に多いものであると感じます。生活に困窮している就労収入とは言えないのではないでしょうか。
それを前提に考えると、夫の収入維持のためには、ある程度の交際費等も必要になるでしょうから、お小遣いを急激に減額することも難しいのではないかと思います。
そこで考えられるのは、住宅ローンの借り換えが、最も利にかなっているのではないでしょうか。
貴方の情報どおりで考えると、残債が1000万円に対し、月返済額と返済期間に不自然な点があります。毎月12万円ほどの返済であれば、利息を考慮しても1440万円を支払っていることになります。これは、6月だけ返済額が高かった(ボーナス時の返済加算)のか、よっぽど金利が高いかのいずれかではないでしょうか。
預貯金がそれなりにおありですので、当面は借り換えと繰延返済を検討し、7年後(子どもが大学を卒業する頃でも、夫婦はまだ50歳代前半)から繰り上げ返済をしても良いのではないかと感じます。
低金利の住宅ローンが多くあるなか、少しでも固定支出を抑制することが効果的であり、月々のマイナスがなくなれば、ボーナス時のお金の使い方にも心のゆとりが生じるのではないかと考えます。

yuk********さん

2020/7/1617:26:23

ボーナスは見込みなので、毎月の収支に組み込まないようにしているというところでしょうか。

毎月の収支はすぐに変えられるものではないと思いますが、そのほかにも「令和2年度 私立高等学校等授業料軽減助成金・奨学給付金」「令和2年度 高等学校等就学支援金」など国の助成金と都の助成金がありますよ。高校生お二人なら年末や年度末に返ってくるお金にはなると思いますが、数十万円返ってくるので申請してはいかがでしょう?
次年度の学費や大学の費用の足しになるのではないかと思います。

ssw********さん

2020/7/1519:30:21

携帯のキャリア見直し案もありますが、金額から見ると、おそらく既にキャリア回線では無いように思いましたので、
やはり、手っ取り早いところとして家電と旅行代、ボーナス時の旦那様のお小遣いを節約すべきかと思います。

旅行は家族4人で20万なので国内かと思いますが、少なくとも今年はコロナの影響もあるのでその分行けずに浮くのでは?

旦那様のお小遣いは
コロナの影響で奥様の収入がなくなったのに等しいのでしばらくは8万とかで我慢していただけばいいと思ってしまいます。。
※世の中年収1000万超えてる方でも毎月お小遣い5万のみ、ボーナス時ほぼ変わらずの旦那さんもいっぱいいますよ。もちろん交際費衣服医療代込みで。
それだけで上記トータル45万の節約になります。

nca********さん

2020/7/1518:13:40

家族旅行20万は草

zqt********さん

2020/7/1502:55:45

大前提として、苦しいと言う気持ちはわかりますが気に病むほどではありません。
気が落ちると全て悪い方向に捉えがちですし、まずはそこを切り替えましょう。

その上で給与、賞与共に容易に変えられない金額(固定費と実質的な固定費)が多いですよね。
簡単に削れるものは給与だと食費と光熱費くらいでしょうか。
ただし、きりきり舞いして削れるのは数千〜1万数千円と考えれば、これ以上増えなければよしとしても良いのでは。
ボーナスからは帰省と家族旅行、家電品ですかね。こちらは比較的金額も大きく、踏み込む価値はあると思います。

保険や通信費等は詳しい内容がわからないのでなんとも言えませんが、もし住宅ローンの金利見直しを一度も行っていないなら、それだけはやっておいた方がいいと思います。
ご主人の給与なら(勤務先にもよりますが)ネット銀行系なら1%を切る金利で借り換えできますし、その見積もりをもとにすれば今の銀行も金利見直しもしてくれます。後者なら簡単な手続きで返済額が減らせるかも知れません。

何より大事なのは優先順位と貯金の使い道です。
家族旅行を削れば貯金は増えますが、思い出は減ります。仕送りや帰省も同様です。
貯金をすることはいいことですが、「いつまでに」「いくら」という目標やノルマがない限り、
ゴールもない辛いだけの行動になるので、そこを定めてはいかがでしょうか。


直近の一番の悩みはご息女の大学資金ですよね。
私が考えるパターンとしては二つあります。次女さんも付属以外を目指すと仮定します。
①受験料と一年分の浪人費用までは出す。その後は奨学金を借りてもらう。
②大学関連全て出す。

①に関しては受験料30万円/回、浪人(=予備校)100万円と仮定すると、お二人で最大約300万円です。
この場合は今のままでもなんとかなるでしょう。奥様がパートのままでも定年までには一定の貯金ができると思います。このまま勤務がままならない場合は、ダブルワークも必要かもしれませんが。ただ、娘さんたちは奨学金で500万〜600万借りることになります。
二人姉妹で、高校から私立に行き、長女さんに関しては塾も行っているわけなので、これくらいの負担はお願いしても世間的には普通で、厳しくないと思います。ご次女さんがエスカレータの場合は(塾代が掛からないので)多少のプレミアムをつけてあげたほうがいいかもしれませんが。

②に関しては姉妹合計最大1500万円くらいでしょうか。二人とも現役で、次女さんがエスカレーターを使えば1000万円くらいになると思います。
「学費関係では娘さんたちに苦労をかけない!」と考えるなら、これくらいの負担があるということです。

勝手な想像ですが、質問者さんは②を考えていらっしゃいますよね。
その場合は、フルタイムもしくは扶養以上の就職を目指すべきと思います。
これから次女さんの大学卒業まで約7年、平均して200万円出費が増えるわけなので月16万円収入が増えたらトントンですよね。
扶養上限までの勤務でも対応できると思いますが、今回のような不安定な状況がいつまた来るかわかりませんし、収入を上げることはやはり安心感を生みますよね。

結局はフルタイムで働くことによる肉体的精神的負担増加と、娘さんたちの進学に対してどれだけ金銭援助をするかということを天秤にかけることだと思います。勤務先にしても、介護や飲食など人手不足の業界ならすぐ就職できますが、事務職等ならご主人の言うとおり探すのも難しいですし、そこも考慮しなければいけないですよね。またフルタイムで働いて収入が増えても、精神的にキツくなり家族関係が悪化したら元も子もないです。一方で学費関係を全て出した場合、当然御息女たちは感謝してくれると思います。遅かれ早かれ。

冒頭と重なりますが、高校生二人、しかも私立に通っていると考えれば、年間50万円貯金できている今の現状は「普通、もしくはちょっぴりマイナス」くらいです。絶望する必要はないです。
「何を優先するか」。これをゆっくりとお考えになるといいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる