ここから本文です

民訴についての質問です。

yut********さん

2020/7/1903:00:02

民訴についての質問です。

民訴法147条の3に、「裁判所は、審理すべき事項が多数であり又は錯そうしているなど事件が複雑であることその他の事情によりその適正かつ迅速な審理を行うため必要があると認められるときは、当事者双方と協議をし、その結果を踏まえて審理の計画を定めなければならない」というのがありますが、複雑な事件なのに審理計画を立てないで審理が行われることがあるのはなぜなのでしょうか。

閲覧数:
8
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

oha********さん

2020/7/1911:46:49

迅速性を求められていないからでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる