回答受付が終了しました

衣服にポリエステルが多くの割合で使われている物があるけど、汗をかいたときに皮膚に触れると痒くなるのにポリエステルが使われる理由はなんでしょうか。

衣服にポリエステルが多くの割合で使われている物があるけど、汗をかいたときに皮膚に触れると痒くなるのにポリエステルが使われる理由はなんでしょうか。 綿100%以外に汗をかいた皮膚に触れても痒くならない生地は他にどんなものがあるのか知りたい。

皮膚の病気、アトピー16閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(3件)

0

ドライフィットといって、速乾性があるので、汗でベタベタにならず、 体温でどんどん蒸発してサラッとしていますよ 天然素材ではシルクや麻、レーヨン、テンセルなどがあります

0

速く乾くため。 ドライ素材として使われます。 また、ポリは頑丈。 スポーツウェアとしては定着している。 コットンは濡れっぱなしになるので、汗をかくと風邪を引いたりする。 65・35という、ポリ65、コットン35等の、シャツもあり、ある意味、コットンと化繊のいいところを取っているというか、長所・短所を折半している。