回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/17 8:38

99回答

「Go To トラベル」キャンペーン 東京除外って 憲法違反じゃないの?

「Go To トラベル」キャンペーン 東京除外って 憲法違反じゃないの?

2人が共感しています

回答(9件)

2

憲法14条 すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。 2 華族その他の貴族の制度は、これを認めない。 3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。 東京都民のみを除外することは、人種、信条、社会的身分、門地による差別に当たらない。また信条により差別しているわけでもない。 憲法14条は本人に選択権のない事情による差別および思想や信条による差別を禁じているのであって、「どこに住んでいるか」という個人に選択権のある事情まで平等にすることを求めてはいない。 政府のGo Toキャンペーンはアホな政策ではあるが、違憲ではない。

2人がナイス!しています

1

緊急事態宣言は最初東京および首都圏と大阪などが対象でした、全国一斉の緊急事態宣言になりました。 緊急事態宣言も憲法違反ですね。 地域特定ができます。 Go To トラベル」キャンペーンも地域特定ができます。 野党はなぜ緊急事態宣言が憲法違反と国会で詰問しなかたのでしょうか。 緊急事態宣言が遅れたことの批判ばかりでした。

1人がナイス!しています

5

充分に違憲の可能性があると思います。 国税を投じるキャンペーンですから、法の下の平等に照らし合わせると東京都民であると言うだけでその機会が奪われることになりますよね。 出生地や居住地による差別に繋がる可能性があると思います。 そもそも論で何故前倒しなのかなど十分な説明もないのでなんとも言えないという所でもあります。 緊急事態宣言下でもないので、東京だけ除外というのも如何なものかと思いますし、公平性という観点からすれば全体のキャンペーンを予定通りに行うか、全体を遅らせるか、或いは地域レベルで段階的なキャンペーンへと移行するかしかないとおもいます。

5人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/7/17 19:36

そもそも趣旨からして コロナが終息してから始めるべきであって 何も今、前倒しする必要はない それに、何故に観光業界だけ恩恵が? という疑問はあります

1

そもそも、 旅行に行ける暇人 旅行に行ける金持ち に対する優遇で、 平等ではない。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/7/17 9:18

いや なんか勘違いしてる 機会は平等でなければならない

1

東京の除外は自業自得、連帯責任。 割引程度で平等じゃないとか僻みすぎですよ。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/7/17 9:19

別に僻んでいるわけではない 俺は東京人ではないし だけど機会が平等であるべき