回答受付が終了しました

この問題解ける方いらっしゃいましたら、お力を貸していただきたいです(><)

画像

簿記25閲覧

1人が共感しています

回答(1件)

0

問題がよく見えません。

申し訳ありません(><) 3.当社がB社に裏書譲渡していたA社振出しの手形100,000円につき、満期日に支払がされなかったことから返還請求を受け、当座預金から支払うとともに、A社に返還請求を行った。この場合の仕訳は次のようになる。 借方 金額 貸方 金額 4.上記A社に対する返還請求に関し、A社が破産し、全額の支払いが受けられないことが判明した。この場合の仕訳は次のようになる。 なお、貸倒引当金勘定の残高はない。 借方 金額 貸方 金額 5.帳簿価額2,800円、期末時価3,000円の株式の期末評価の仕訳は、売買目的有価証券に該当する場合と、その他有価証券に該当する場合とでそれぞれ次のようになる。 借方 金額 貸方 金額 (売買目的有価証券に該当する場合) 借方 金額 貸方 金額 (その他有価証券に該当する場合)