ここから本文です

早稲田大学は、九州大学より簡単ですか?

アバター

ID非公開さん

2020/7/2121:03:50

早稲田大学は、九州大学より簡単ですか?

閲覧数:
8,232
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

upn********さん

2020/7/2208:51:43

早稲田文系67.5-70.0 vs 九大文系60.0
早稲田理系65.0 vs 九大理系55.0-57.5
早稲田3教科 vs 九大3教科+センター2教科

センター2教科負担があったとして、
これだけの偏差値差は科目を絞ってもあがりません。

だから九大のほうが簡単です。

「早稲田大学」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

m21********さん

2020/7/2719:05:32

それぞれ特色が違いますね。
早稲田に合格するためには、守備はできなくてもいいからDHでホームランを量産するバッター。
九州大学に合格するなら、走攻守すべてできるオールラウンダー。
といった感じですね

ara********さん

2020/7/2701:43:27

難易度に関しては早稲田のが偏差値的に考えれば難しいですが、国立は共通試験があるので考え方によれば国立大学の方が難しいって人もいます。

早稲田はいうて試験科目の4科目(国・数・英・選択)を集中的に勉強すれば難易度が高くても点数が良ければ受かる人は合格します。

国立大学全般は旧帝大を含めて共通試験(旧センター試験)と二次試験という簡単だけど幅広い勉強量が必要と言えます。国(現代文古文漢文)・数・英・社(世界史日本史地理倫理)・理(物理化学生物)ですからね。

浅く広く覚える記憶力が無い人にとっては早稲田の方が体感的に簡単かもしれません。

qbe********さん

2020/7/2612:56:34

自分は理系(工学系)なのでそれについて話ます。結論は理系(医を除く)なら早稲田の方が全然難しいです。

<2020年度河合塾2次・個別試験C判定ボーダ偏差値>
・早稲田大理系 偏差値62~67(4科)
・九州大理系 偏差値52~57(4科)

*先願が半分を占める文系は異なりますが、理系の場合、私大先願が全然いなく、ほとんどが国公立との併願なので、私立に行くことになった人もセンターの勉強をしっかりしています。記述模試を受けてみてれば分かりますが国立理系受験者と私立理系受験者はほとんど被っているので、偏差値補正はほとんどないです。基本的に2次・個別学力試験の科目数と種類が同じであれば予備校の公表する偏差値で比べられます。

早慶理工は東大・京大・東工大未満の国公立大では併願してもほとんど無理です、落ちます。併願率でも見てください。早慶理工は東大・東工大落ちが大多数です。九州大では理科大・マーチ理系・芝浦工大も併願しても落ちる人は普通にいます。因みに関関同立はマーチより簡単です。また九州大は首都圏国公立にも偏差値で抜かれてます。

<2020年度河合塾入試日程別2次・個別試験C判定ボーダ偏差値 マーチ理系・芝浦工大>
・理科大 偏差値55~62(3科)
・明治理系 偏差値57~62(3科)
・青山理系 偏差値55~60(3科)
・中央理系 偏差値55~60(3科)
・法政理系 偏差値55~60(3科)
・芝浦工大 偏差値50~60(3・4科)*4科受験が大半

<2020年度河合塾入試日程別2次・個別試験C判定ボーダ偏差値 関関同立理系>
・同志社理系 偏差値55~62(3科)
・関学理系 偏差値50~60(2・3科)*軽量入試を行っている
・関大理系 偏差値50~60(2・3科)*軽量入試を行っている
・立命館理系 偏差値47~57(2・3科)*軽量入試を行っている

<九州大よりレベルの高い首都圏国公立の2次C判定ボーダ偏差値>
・東工大 偏差値65(4科)
・横浜国大理系 偏差値55~62(4科)
・筑波大理系 偏差値55~60(4科)
・千葉大理系 偏差値55~60(4科)
・電通大 偏差値55~60(4科)

<九州大と同程度国公立の2次C判定ボーダ偏差値>

・神戸大 偏差値57~60(3科)
・都立大 偏差値55~60(3科)
・大阪府立大 偏差値55~60(3科)
・大阪市立大 偏差値55~57(3科)

<九州大よりややレベルの落ちる国公立の2次C判定ボーダ偏差値>
・名工大 偏差値52~57(3科)
・広島大 偏差値50~55(4科)


*九州大のような地方旧帝や駅弁は偏差値が年々落ちています。一方で首都圏国公立・私大の偏差値は年々偏差値が上がってます。2019年と2020年で比較します。
2019年の早慶理工の偏差値は知らないので偏差値が上昇したのか下降したのかは分かりません。

<首都圏国公立工学系C判定ボーダ偏差値*上昇中>
・横浜国大
2019年度:偏差値52~60(4科)
→2020年度:偏差値55~62(4科)

・千葉大
2019年度:偏差値52~57(4科)
→2020年度:偏差値55~60(4科)

・都立大
2019年度:偏差値50~57(3科)
→2020年度:偏差値52~60(3科)

・横浜市大
2019年度:偏差値52~57(2科)
→2020年度:偏差値55~57(2科)

<首都圏私大工学系C判定ボーダ偏差値*上昇中>
・明治大
2019年:偏差値55~62(3科)
→2020年度:偏差値57~62(3科)

・中央大
2019年度:偏差値55~57(3科)
→2020年度:偏差値55~60(3科)

・法政大
2019年度:偏差値52~57(3科)
→2020年度:偏差値55~60(3科)

・工学院
2019年度:偏差値47~55(2・3科)
→2020年度:偏差値50~60(2・3科)

・日大理工
2019年度:偏差値42~52(3科)
→2020年度:偏差値45~57(3科)

<地方旧帝国工学系C判定ボーダ偏差値*下降中>
・九州大
2019年度:偏差値55~57(4科)
→2020年度:偏差値52~57(4科)

・名古屋大
2019年度:偏差値60~65(4科)
→2020年度:偏差値57~65(4科)


<駅弁国公立工学系C判定ボーダ偏差値*下降中>
・埼玉大
2019年度:偏差値50~52(2科)
→2020年度:偏差値45~52(1科)

・新潟大
2019年度:偏差値47~50(3科)
→2020年度:偏差値45~50(3科)

・信州大
2019年度:偏差値50~52(2科)
→2020年度:偏差値47~52(2科)

・山形大
2019年度:偏差値45~47(2科)
→2020年度:偏差値42~47(1・2科)

・岩手大
2019年度:偏差値45~47(2科)
→2020年度:偏差値42~47(2科)

・茨城大
2019年度:偏差値45~47(3科)
→2020年度:偏差値42~47(3科)

・山口大
2019年度:偏差値45(2科)
→2020年度:偏差値42~45(1・2科)

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gan********さん

編集あり2020/7/2206:45:42

個人的には、早稲田大学の方が難しいと思う。九大と同程度の北大は比較的容易に合格したが、早稲田はなかなか厳しかった

lru********さん

2020/7/2121:40:51

入学の難易度的にはそうだと思います
ただ問題の難易度は早稲田は3科目で大人数の受験者をふるいにかけるのでテストそのものの難易度は(3科目同士を比べるだけなら)早稲田のほうが難しいのかなともおもいます

事実併願で成功する人は少ないですし

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる