回答受付が終了しました

庄内藩は、14万石~17万石くらいで実質石高は20万石くらい、長岡藩も7万石前後でありながら実質石高は14万石くらいあったそうですが、彦根藩格式35万石は、

庄内藩は、14万石~17万石くらいで実質石高は20万石くらい、長岡藩も7万石前後でありながら実質石高は14万石くらいあったそうですが、彦根藩格式35万石は、 実質石高は40万石くらいはあったのでしょうか?それとも、彦根藩は上向き、実質ともに30万石前後でしょうか?

日本史212閲覧

回答(2件)

0

石高とは検地による田んぼの面積から米の取れ高を推定して年貢を決める。 豊作なら実質高は上がるし不作や飢饉なら下がる。しかし幕府に納める税金(上納金)は同じ。 庄内藩の酒井氏も彦根藩の井伊氏も徳川四天王の江戸幕府大老四家。 幕閣TOPの大老家が不作で幕府に納める上納金が収められないと諸大名に示しが付かないので安く見積もっている。

0

詳細な資料がないので、実態は判りかねますが、彦根藩の35万石は、所領としての30万石に天領管理の城付米預かりで5万石相当を付与された数字とのことなので、所領の豊かさで言う実高なら30万石が妥当じゃないでしょうか? ただ、彦根は交通の要所ですし、それ以外の収入はあったと思います。