ここから本文です

平屋の注文住宅について。 平屋の注文住宅を建てたいと思っています。 例...

アバター

ID非公開さん

2020/7/3010:29:17

平屋の注文住宅について。


平屋の注文住宅を建てたいと思っています。

例えば、土地が100坪の場合は最大何坪くらい利用した平屋の家が建てられますか?

広さ的には可能でしょうか?

2階建にした方がいいですか?


私はまったくの素人なのでよく分かりません。

ちなみに今現在、夫婦ともに40代。子供は20代。ワンちゃんが2頭います。

詳しい方、教えて下さい。

宜しくお願い致します。

閲覧数:
78
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2020/7/3013:48:02

①そこまで大きな敷地であれば、「平屋建て」の方が良いでしょうね。

②お子さんが大きいので、今後も同居してくれるのか? 独立して出て行くのか? の違いで、どの様な「間取り」にするのか? についても十分に検討した方が良いですよ。

③大型犬であれば庭に「ドックラン」を作っておけば、散歩自体も短く出来るのでお勧めですよ。

④これからの家造りとして、最低でも「耐震等級3」や「省令準耐火」に「高断熱の家(Ua=0.35以下)」くらいは、クリアーしておいた方が良いですよ。

アバター

質問した人からのコメント

2020/8/4 23:08:42

ご回答いただいた皆様、どうもありがとうございました。

ドッグランを庭に作るのが夢です♫
少ない情報の中、親切にご回答いただき、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

g37********さん

2020/7/3022:39:05

土地には、それぞれ用途がありまして建坪率(土地の大きさに対しての家を建てるにあたっての面積、基礎面積)、容積率(土地面積に対しての建物延床面積)が定められています。
例えば、建坪率50%、容積率100%であれば、平家の場合は、床面積は50坪までは建築許可されます。 2階建で有れば、1ー2階部分合計100坪まで建てられます。
土地の条件を確認すると良いです。

amanafuさん

2020/7/3016:51:10

管轄行政にその土地の建築法規上の条件をすべて聞きましょう。
それをフィードバックしてください。
情報が何もない状態ではだれにも何もわかりません。

wan********さん

2020/7/3013:37:18

土地には必ず建ぺい率や容積率というものが設定されています。


調べ方は市役所の建築関係を担当する課へいって聞いてください。

例えば建ぺい率が60%だとしたら、土地100坪に対して60%=60坪の建物が建てられます。

この60坪というのは平面図を上からみたときの坪数です(ほぼ1階部分の面積)

容積率は土地に対しての坪数です。
容積率100%なら100坪の土地に2階建てで100坪(総二階なら1階が50坪)の建物が建てられます。

質問者さまの場合土地の余裕があるので、平屋をおすすめします。

子供は20代ということは結婚したら家を出ていく可能性もありますね。

小さめの平屋(30坪程度)でも家族3人+ペットでも余裕でしょう。
40坪の平屋だとかなり大きな家になります。


あとは予算次第です。
平屋は最低でも坪60万はみておくとよいでしょう。

玄関の方位でも変わってきますが、「〇坪 平屋 間取り」などで検索すると、間取りの画像がでてくるので、まずは参考に見るのも良いでしょう。

検索ワードに3LDKや4LDKなども追加してもよろしいかと。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2020/7/3013:29:19

都市計画区域の内、外

用途地域

建ぺい率、容積率

接道部分、接道用件

車両進入できるかどうか。

地区協定、建築協定、自然公園法、風致地区、文教地区

設備の状況、

道路標識、電柱、電線などの障害物

崖地の有無、敷地高低差、造成の必要性など指示をお願いします。

最低でもこのくらいの設定なしには回答できる人はいません。

yon********さん

2020/7/3010:55:30

まず、その土地で調べなければならないのは用途地域がどうなっているかです。
用途地域名、建ぺい率、容積率、防火基準等ありますが建物のボリュームはまず、この建ぺい率、容積率でおおよそ分かります。どの用途地域に属しているかで建物に掛かる斜線制限がありますのでこれによってはまた建物のボリュームに影響します。
土地を見つけた場合はまず、役所のホームページまたは直接窓口で用途地域を調べて下さい。前面道路との幅員や接道状況も一緒に調べられますので必ず聞いて下さい。
その他、役所では土壌汚染や地盤状況、浸水等のハザードマップ、埋蔵文化財包蔵地等手数料の掛かるものもあるのですが、ほぼ役所で聞くことが出来ます。
こうした調査でその土地の顔が見えてきますので最初は漠然としながらもその土地に建つであろう建物のイメージが見えてくることでしょう。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる