回答受付が終了しました

ID非公開

2020/7/30 16:25

11回答

マクロの消費関数が、C=10+0.5×(Y-T)である。

マクロの消費関数が、C=10+0.5×(Y-T)である。 Cは消費支出。Yは国民所得。Tは租税。 民間投資支出は20、政府支出は20、租税は10 輸出=輸入=0 (1)国の均衡国民所得の大きさはいくらか? (2)国も完全雇用国民所得が120の時、政府支出の変更のみによって、均衡国民所得を完全雇用国民所得に一致させるには政府支出をいくら増やせばいいか? その理由も教えてください。 よろしくお願いします!

経済、景気108閲覧

回答(1件)

0

まず、(1)均衡国民所得を求める。 均衡国民所得は均衡条件から求める。 均衡条件はY=C+I+G これに与えられた条件を代入する。 C=10+0.5×(Y-T) I=20 G=20 T=10 なので、 均衡条件は Y=10+0.5×(Y-10)+20+20 となる。これをYについて整理する。 Y=10+0.5Y-0.5×10+20+20 Y-0.5Y=10-5+20+20 0.5Y=45 均衡国民所得=90 (2)今度は未知数が政府支出Gなので、 均衡条件に完全雇用国民所得120として、Gについて解く。 120=10+0.5×(120-10)+G+20 120=10+55+G+20 G=35・・・検算を! 政府支出を35ほど増やせば、政府支出の乗数効果によって完全雇用が実現するように時間はかかるが、国民所得が増えていく。

ID非公開

質問者

2020/8/4 23:53

ありがとうございます!!