回答受付が終了しました

夫婦間の自動車の名義について 現在夫婦で2台の車があり、車両を入れ替えたいです。(夫が軽自動車をメインで使用したい) 夫 普通車 所有者、使用者、保険契約者、被保険者が夫の名義

夫婦間の自動車の名義について 現在夫婦で2台の車があり、車両を入れ替えたいです。(夫が軽自動車をメインで使用したい) 夫 普通車 所有者、使用者、保険契約者、被保険者が夫の名義 です。 妻 軽自動車 所有者、使用者、保険契約者、被保険者が妻の名義 普通車を処分して、普通車を買いたいです。そしてその普通車を妻がメインで使用、軽自動車を夫がメインで使用したいです。 同居していて、駐車場も同じです。 保険の対象も二台とも夫婦が保障です。 一応夫の車の入れ替えになりますので、夫の名義で買い、夫の保険内容の車両だけ入れ替えればいいのでしょうか? それとも、普通車は妻の名義で購入し、軽自動車を夫に名義変更?もしくは二台とも妻の名義? 少し複雑ですが、漏れがあれば追記します。 アドバイスお願いします。

自動車保険30閲覧

回答(4件)

0

自動車保険(任意保険)の基本的な知識のおさらいをします。被保険自動車(保険の対象となる自動車)を最も運転する頻度が多い人を記名被保険者(主に運転する人)として登録します。ご夫婦であっても、最も運転する頻度が多い人を記名被保険者として登録して下さい。ご夫婦ならば、自動車検査証に登録する所有者(使用者)はどちらでも構いませんし、自動車保険(任意保険)の契約者も同様です。しかし、記名被保険者は間違えないようにして下さい。次の選択肢があります。軽自動車の等級の方が進んでいる場合:軽自動車Aの自動車保険において、車両入れ替え=軽自動車A⇒新しく購入する自動車Bの手続きを行って下さい。記名被保険者=奥様のままです。そして、普通自動車Cの自動車保険において、車両入れ替え=普通自動車C⇒軽自動車Aの手続きを行って下さい。記名被保険者=ご主人のままです。一方、普通自動車Cの等級の方が進んでいる場合:普通自動車Cの自動車保険において、車両入れ替え=普通自動車C⇒新しく購入する自動車Bの手続きを行って下さい。記名被保険者=ご主人⇒奥様へ変更します。そして、軽自動車Aの自動車保険において、車両入れ替え=軽自動車A⇒普通自動車Cの手続きを行って下さい。記名被保険者=奥様⇒ご主人へ変更します。それぞれの自動車保険証券を持って、損保会社の代理店でご相談下さい。以上、失礼いたしました

0

書込みだけからだと、、、車の名義は、夫婦どちらでも構いません。 夫、妻が乗る車の任意保険証の記名被保険者の決め方だけです。 ---夫の乗る車、夫を記名被保険者にする。 ---妻の乗る車、妻を記名被保険者にする。 ---車の名義は夫婦どちらでも良い。 そして、配偶者も補償対象にするか否かですが、 夫婦でおでかけとか、たまたま車入れ替えて乗ることもあるでしょうから、 配偶者も補償にする方が多いはず。 今回は、 車両価格の違い、免許証がゴールドとブルーの違い、等級の違いなどの為に、 任意保険料額に関係するなら、 ---車購入時(入れ替え時)に、変更ができます。

0

こんにちは。 自動車の名義は、ご夫婦であればどちらでも大丈夫ですよ。 ※車両保険の車対車+限定危険等付帯の際は少々気を付けて・・・ 等級の進んだ方に割引等級を当てた方が2台合計で少しでも安くなる可能性があるのでそれぞれの割引等級は? 普通車の方の等級が進んでるなら ①現普通車から購入される普通車を納車日付で入替(車両入替) ②記名被保険者を夫から妻へ納車日付で変更(記名被保険者の変更) ③軽四契約の記名被保険者を妻から夫へ納車日付で変更(記名被保険者の変更) 軽四の方の等級が進んでるなら ①軽四と購入される普通車を納車日付で入替 ②①と同日付で現普通車と軽四を入替 保険会社が違うと少々ややこしいから双方の保険会社か代理店へ事前にお問い合わせの上、手続きして下さいね。

0

☆任意保険の補償の対象者は『記名被保険者』と記名被保険者から見た補償範囲内の方です。 *記名被保険者とは、契約自動車を主に使用する人(使用距離ではなく頻度)です。 保険料は記名被保険者の年齢・免許証・使用目的・補償内容・車両情報・特約で決まりますから、必ず主に使用する人を設定しなくてはなりません。 ☆自動車保険には3つの名義があります。 ①記名被保険者 ②契約者 ・契約を締結,変更,解約,保険金請求等の権利を持ち、保険料支払い義務を負う人です。 ③自動車検査証所有者(使用者) ・一般的に記名被保険者は、車検証所有者やその親族やディーラーやローン会社です。 ☆記名被保険者の設定さえ間違えなければ、『契約者』や『自動車検査証の名義人』は、あなたでも奥さんでも問題ありません。