トゥルソワに続きコストルナヤもトゥトゥペリーゼから離れプルシェンコの元に移籍したそうですが、プルシェンコ氏のコーチとしての実績、実力はどれ程なのでしょうか。

トゥルソワに続きコストルナヤもトゥトゥペリーゼから離れプルシェンコの元に移籍したそうですが、プルシェンコ氏のコーチとしての実績、実力はどれ程なのでしょうか。

補足

ベストアンサー

1

私は以前(ミーシンの下で(プレイング)コーチをしていた時)のプルはコーチとしては著しく劣る、と思っていた。 ガッちゃん(ガチンスキー)とか辞めざるを得なくなちゃったし (自分はできるからって)他の選手にできないことをそれが分からずにさせていた、 タクタミちゃんとかもそうなりそうだったのを、ミーシンがプルを外して立ち直らせた。 でも、アカデミーを作って、経営者になって、分業化した多くのコーチを雇って 経営者として頑張る分には腕はあると思う。 演出とか、新しいことを取り入れるとか、音楽関係のつてとか、プログラム全体のことなどは力もあるし上手いと思う。(これはモロゾフのように)使いようによっては粗隠しになるし、けがなどの時に、他に目を逸らさせるという意味ではプラスになる。 コストルナヤは、他の質問に答えるためにいろいろ記事を読んでいたら エテリに対してけっこうえぐいことを言っていて、意志も強くて、大学進学も明言したし、プルシェンコがいいというわけではなく、とりあえず、こんなところでやってられないわ!とサンボを出たかった、それでモスクワから動かずに、適当なコーチが、あらいたじゃな~~い、みたいな感じかと思う。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答してくださった皆さま、ありがとうございました。 8月6日時点で移籍がすんなりいっていないようですね。移籍期間終了前に提出が義務付けられている必要書類が届いていないとか。 ゴタゴタで彼女の才能が発揮できない、なんてことにならないといいのですが。

お礼日時:8/6 9:59

その他の回答(3件)

2

コーチとしての実績は ソフィア・ティトワ(11歳) 2020年全露ノービスB(年少)優勝くらいでしょうか。この選手も以前は元エテリで当時ロザノフが指導していました。 実力は、まだティトワしか指導できていないので未知数です。とは言ってももう3年くらいコーチ業やってるので逆に実力不足と言っていいくらいです。 ちなみに最近、 GPF/欧州選手権優勝のコストルナヤ 2年連続世界ジュニア優勝のトゥルソワ 2年連続全露ノービス(年少・年長)優勝のベロニカ・ジリナがチ-ムに加わりましたので、何の指導もしなくても実績は選手が作っていってくれると思います。 今まで彼女たちの指導をしてきたのはセルゲイ・ロザノフコーチで、プルシェンコはそのロザノフコーチをクリスタルからヘッドハンティングしたわけですから選手も付いてきちゃったわけです。成功するも失敗するもロザノフに委ねられます。

2人がナイス!しています

1

ID非公開

2020/8/1 14:46

あの使い捨てコーチはコロナの影響で次の五輪に予定通り合わせるのが難しくなった3人娘はもう要らないのかも。まだ時間のあるワリエワ世代に集中するのでしょう。 伸びしろのあるトゥルソワは新環境で刺激を受けて化ける可能性があります。逆に北京で引退を表明しているコストルナヤは冒険する必要がありません。 プルシェンコはコーチ力より話題性の方で役に立ちそうですね。

1人がナイス!しています

ID非公開

2020/8/1 22:50

トゥルソワは20歳くらいまで現役を続けたいと言っていたので、なおさらエテリの元を早く離れた方がいいでしょう。長くいられるところではありません。 コストルナヤは意志が強くコーチと衝突することもあったとか。それに加えてスポンサー問題もあったようです。 素直でいい子なシェルバコワが残っているのは当然の結果かもしれません。

0

なぜコストルナヤ、という。 五輪はコストルナヤ、ワリエワ、トルソワになるのでは。ウサチョワいくつだっけ。 アカは、五輪が延期すると、アカチェワ、ワリエワ、コストルナヤに代表がなるのかな。 トルソワは、ジャンプコーチが移籍なら、現状ジャンプしかなげなトルソワは移籍するしかないし、コストルナヤが移籍したとなると、エテリに残るのはワリエワ。下回りの不完成なジャンプではない金メダリストを女子で育てたいのだろうな、とは思う。コストルナヤは振り付け次第で、ジャンプはジャンプコーチもミーシンもいるからそこは安心なのでは。 女子の下回りジャンプは、以前から言われて久しく、プログラムの完成度で見ても下回りのジャンプは興ざめなので。 エテリ組をとやかく言う人は、プログラムがどうだ、子供がどうだ、というけど、 プログラムは繋ぎの豊富な質の良いもので、あたりハズレはあるとしても、繋ぎと高難度のジャンプと創造性のあるスピンが同居する質の良いものです。 ただジャンプの技術は、選手の数だけあるとしても、踏み切ってから下回り予め回転数を稼いでから飛び上がるトゥジャンプや、 体が子供の小ささで回転速度が早いだけの高さも飛距離もないジャンプを技術とは言わないと思う。 飛べたというだけの基礎点からのマイナス評価のジャンプならばわかるが。 そのジャンプでいくら繋ぎがありスピードがあっても完成度の高いプログラムではないし、 ジャンプがクリーンでも繋ぎ無しスピードがあっても周回をしてるだけステップやコレオを主に上半身で済ませるというプログラムが完成度が高いはずもない。 男子も女子もまともに行こうぜ、ジャッジさんと思う。