回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/2 10:44

1010回答

美大に進学したいと考えていますが、

美大に進学したいと考えていますが、 親に反対されてます。 高校に入学するときに音楽・美術・書道から科目を一つを選択するのですが、美術を選択する人が多く、抽選によって私は第二希望の書道になりました。 高校2年になっても美術を習うことはできないので母親からは「美術を習ってないのに美大に行くのは無理」と言われました。 父親からは「美術は理系と組み合わせないと食っていけない」と言われました。私はがっつり文系です。 親に反対されてどうすればいいか悩んでます。 アドバイス下さい。

2人が共感しています

回答(10件)

0

どこの学科を受けるかにもよりますね。デザイン科とかなら卒業後企業に就職できるって言えば納得してくれそうですけど。油絵科や日本画科ならとりあえず教職とるって言っておけばいいんじゃないですか?

2

先ずお母さんですが、他の方たちが答えてくださってる様、美大受験に美術の授業も美術部も一部の高校を除けば美術科さえも、ムサ多摩造形の実技レベルには無関係なことを伝えましょう。 デッサン、平面構成で受験しようと思えば美大予備校はマストです。 偏差値は出している会社によって高低はありますが、グラフはどの学校も人気なのでそれなりのレベルの維持は必要でしょう。 挙げられたものの中には、学科や小論文で入学可能な専攻もありますが、それらはそれらで対策は必要かと思います。 さて、お父さんですが…。 なるほど。お父さんは千葉大を志望したことがあるのですか。 お父さんが就職されたのはバブルの前後なのかな? 私の場合、新卒で就職した自動車メーカーでの同期は10数人でした。 各校2人くらいを招いての研修(実質入社試験)が行われ、ほとんどの人間がその研修で入社しています。 同期のうち、千葉大は1人(年配の方にはちらほら居られましたが、千葉からの採用がない年もありました)、工学系は他に京都工繊大や九州芸工大(現九州大学芸術工学部)などが存在しましたが、どちらもデザイン部に数人で私の同期には居ませんでした。 専門卒は同期に3人ほどです。 お父さんの考える“美術は理系と組み合わせないと”が何に依るのかは判りませんが、工業系の学校の実態はこんなもんです。 ここ知恵袋では毎回同じ話をしていますが…、 “デザインしたいけど美大は…”とか“工業デザインなんだから工学部で…”という学生が今も居ますが、メーカーには流体力学も構造力学も人間工学もそれぞれに担当の設計者が居ます。(当たり前ですがw) デザイナーは彼らの提案が理解できればよく、工学の専門家である必要はありません。 私の先輩や先生の世代には千葉大は多いですが、千葉の卒業生は画が描けないので自動車メーカーには多くはありません。 一方、美大生も、理系科目を選択可能な美大もありますが、多くは文系科目での受験者でしょう。 家電や設備などへ行けば、工学系の比重はもう少し増えるとは思いますが、工業デザイナーに於いて工学系の学校がマイノリティーであることは変わりないでしょう。 ここ、知恵袋にはよくデザインの東大云々いう人が出没しますが、デザインの世界を知らない人の妄想です。相手にする必要はないでしょう。 デザインの周辺業務は多く存在するので千葉は千葉で独自の就職ルートを確保していることとは思いますが、工学を全面に出したデザインでは、学生が想像するデザイナーへの就職は苦労することは間違いないでしょう。 実際、諦めたのか千葉は入試のデッサンを止めてしまいました。 また、>「美術は理系と組み合わせないと食っていけない」 は工業デザインや建築など工学系でないとという意味なら、美大の就職先に多様な業界の存在することを説明しましょう。 確かに、グラフィックはブラックな印象もないではないですが、グラフィックは裾野が広く、工業デザインの就職先の様な企業に限定すれば、グラフィックデザインにも相応な就職先が存在します。 グラフは出版・印刷に限らないので就職先の広さは工業デザインの比ではないでしょう。 まあ、食えるかどうかは本人次第です。 けど、遊び惚けたら分かりませんが、まともに卒業すればムサ多摩造形のグラフなら食うに困ることはないかと思いますが。

2人がナイス!しています

0

ムサビやタマビを目指すなら、美大予備校は必須だと思いますので、まずは通わせてもらえるように頼む方が先だと思いますよ。 早ければ早いほど良いと思うし、通ってみる事で色々と見えてくる事もあると思います(自分のレベルや、大学生活、就職先など) 美大一本に絞る・浪人したくないなら、今年から通うことをオススメします。 美大以外の大学にシフト変更も想定しておく事も必要だと思うので、とりあえず自分がやりたいことに対して早く行動した方が良いと思うけどな。 あと、高校の美術授業は、美大受験に影響はないです。必要な事は、美大予備校で勉強します。

ID非公開

質問者

2020/8/4 18:39

今からですか!? 正直通うのは冬あたりか高2になってからからじゃないと難しいです。 学校のことも行事や、勉強が詰め込んでいて、割と今忙しいです。勉強はあと少しすれば普段通りの進み方になるらしいです。夏休み明けは文化祭、体育祭の予定が入り(コロナによっては開催できないかも)結構忙しくなりそうです。それらが落ち着かないと通えないかもしれません。

0

現役の芸術大学に通う美術学部生です。 まず初めに高校で選択する音楽・美術・書道には何の関係もないので安心してください。 高校で習う美術は、美大受験に全く関係ありません。デッサンや油絵など本格的な活動をしていないのであれば美術部も、ほぼ美大受験に関係ありません。 お父様の発言を見る限り、美術大学のことを多く誤解しているように感じます。工学と美術は関わることはあっても基本的には学ぶことが全く違います。ファインならなおさら、デザインでも工学やプロダクトのデザイナーはごく一部です。 まずは質問主様の気になる職業や、興味ある分野を挙げてください。 美大で専攻する分野にもよりますが、美大受験専門予備校は必須だと思います。金銭的な面でも親の心配はあるのではないでしょうか。

ID非公開

質問者

2020/8/3 18:24

回答ありがとうございます。 私はムサビ(視覚伝達デザイン学科、基礎デザイン学科、)タマビ(グラフィックデザイン学科、総合デザイン科)造形大学(デザイン学科グラフィックデザイン) このあたりを考えております。どれも倍率が高そうですが… 浪人はしたくないので複数受けようかと思います。卒業後は新卒で就職したいです。広告代理店やデザイン事務所などで専門分野を活かして働きたいです。あと、アニメ制作会社にも興味があります。専門学校に行くことは考えていません。4年間美大で学びたいです。今、県立高校に通っています。高1です。ネットだと偏差値は60らしいです。先週あった定期テストは散々でした。 親は美術予備校のお金なら出してくれるかもしれません。父親は割と有名な企業に勤めているエンジニアです。しかし大学のレベルとかによってはお金を出してくれないかもしれません。

4

お父様が 工学デザイン系のお仕事をされているようですね 工学デザインの名門、千葉大工学部デザイン学を目指されていたのですし、おっしゃっていることは 間違いでは ありません いわゆる 美大にしか受からない人と 千葉大や九州大の工学部に合格できる人は 任される仕事の幅も大きさも異なります どちらが幅広いか と言われれば 工学部のデザイン工学です 美大ですと 工業デザインしか できません 人間工学に基づいた 工学デザインではないと 大きな組織で安定した仕事ができないのは お父様の おっしゃるとおりです 可能ならば 千葉大の工学部を目指すべきだと思います 数学の才能が必須です だからこそ 人間の命を預かる 工学デザインを任せてもらえますので 我が子も かつて 美芸大受験生でした 数学が苦手なので 工学部のデザインには進学は無理でした 結局 第一志望の美芸大は残念だったので 滑り止め美大は蹴って 一般大学に進学したのですが 仕事として選んだ分野は 数学的要素の色濃いデザイン系の業界です 美芸大進学では 絶対に叶わなかった業界です 大学に入学してから 無理だと思っていた数学が必須の分野を専攻しましたので、画力だけで勝負する不安定な業種ではなく、知識も技術も必要な業界で 力量を活かせることになりました 美術は数学と組み合わせると ものすごく世の中に必要とされる力です それは 美大進学者ですと 建築という狭い世界しか知らないので ご存知ありませんが、ものすごく重宝される才能になります 私の父も理系の技術者でしたので、常に そのことは口にしていました 子供の進路を見て やはり言っていたことは正しかったな、理系技術者で画力を持つ人材は稀で重宝されるのだな、と 感じています お父様のおっしゃるとおり ぜひ 美術と数学を組み合わせた仕事を手にしてほしいと願っております その場合、望めば 美大進学者と同じ就職も もちろん可能ですし、美大生より良い就職先が たくさん待っています 画力だけの勝負ですと 常にフレッシュな人材と 同等に競うことになりますが、数学が組み合わさると 知識と経験で差がつきますので 安定して仕事に取り組むことができますし、使い捨てされない人財になれます お父様のおっしゃる社会の現実を 正しく見つめられるようにと お祈りいたしております 我が子は 美芸大に落ちて 本当に良かった!と 数学と美術が組み合わさった世界へ 大学で出会えたことに とても感謝しています 美術予備校では 決して教えてもらえない広い世界が 美術の世界の先には ありますよ 視野を ぜひ広く保って 進路選択されますよう お祈りいたしております

4人がナイス!しています