回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/9 15:00

11回答

山川の世界史リブレット人物シリーズから1冊選び、レポートを書く課題が出ました。私はレーニンについて書きます。

山川の世界史リブレット人物シリーズから1冊選び、レポートを書く課題が出ました。私はレーニンについて書きます。 書評を書くそうですが、書評とは何を書くのですか? 条件として、 1.本の要約 2.考察と感想 3.派生して調べたこと 4.疑問点、批評点、評価 があります。 批評とは、この本が良いか悪いか書くのですか?凄く上から目線な気がするのですが… よろしくお願いします。

宿題 | 世界史20閲覧

1人が共感しています

回答(1件)

1

書評とは何か? について、ここで説明するよりも、新聞の書評欄あたりを読んでみるのが手っ取り早いと思うけど。 だいたい、条件に載っていることが書かれているものが書評。 メインとなるのは4。ついで2。1は必須だけど軽く触れる程度に。3の派生して調べることは必要(でないと2と4が書けない)だけど、それを書評に載せるかどうかはケースバイケース。 良いか悪いかを書く、というか、どこがどう良くて、どこがどう悪かったか、例えば、類似のテーマを書いた本と比較して図表が不足しているとか、参考文献が豊富でさらなる調査がしやすいとか、文が簡潔でわかりやすいとか、他の本に載っている重要事項が抜け落ちているとか、そういうことを指摘する。別に上から目線でも何でもない。ただし、評価に対して適切な理由を挙げることが必要で、それをするためには評者にかなりの知識が求められる(だから、派生して調べることが重要になる)。 まぁ、世界史リブレットは基本的に一線級の研究者が、初学者にもわかりやすく、かつ手短に(なんてったって薄い!)まとめたものだから、ボロクソの評価になるってことはまずない。基本的には本の良い点を拾っていけばいいとは思うけど。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/8/10 16:38

要約は1枚(400字)程でしょうか?全体で7枚以上10枚以内だから、余り長すぎるのも良く無いと思いまして.