回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/4 9:21

66回答

三国時代の赤壁の戦いは何故起こったんですか?

三国時代の赤壁の戦いは何故起こったんですか?

中国史 | 世界史39閲覧

回答(6件)

0

強大な曹操を前にして孫権はどうしようか様子見してましたが 自分より小さい勢力の劉備が徹底抗戦する、と聞いて奮発したのでしょう。 歴史書の三国志では 諸葛亮の説得に大いに悦び 即座に周瑜らを派遣したとあります。

0

何故?何故起こったか、と? まあそんなことわざわざ聞くことでもなさそうな気がしますけど、要は曹操が「攻められたくなかったら大人しく降伏しろや」って偉そうに言ってきたから孫権が「ふざけんなやれるもんならやってみろや」と返したから、です。孫権にしてみれば直接対決もまだなのになんで負けを認めにゃならんのか、っていう、当たり前の話です。

0

袁術と曹操が戦って曹操が勝ち、ほぼほぼ曹操による中華再統一が目前になっていました。 ですが孫権と劉表を劉備が唆して曹操と対立させたことで曹操は大軍を差し向け、赤壁の戦いが起きてしまった。 要は劉備のせい。 孫権も劉表も袁術の支配下にあったので、袁術が倒れた時点で曹操に下ってりゃ話は早かったんですけどね。 劉備(自称 皇族の末裔で皇帝の遠い親戚)が「皇帝をないがしろにしている丞相曹操は不忠者で、それに下るのは宜しくない」と説得してしまった。 実のところ、当時の中華は群雄割拠の戦国時代で「天下を手に入れるワンチャンあるかも?!」と武将たちは思っていた頃。 しかし曹操による勢力拡大で中華再統一がほぼ完了しているので、ここで曹操に下ったら二度と成り上がるチャンスは無い。 一発逆転で曹操と戦うか?このまま曹操の部下としてそれなりの地位に納まるか?という二者択一の状況。 若い孫権は「曹操は結構な年齢だし、そう長いこと権力も続くまい、次は俺の時代じゃね?」という野心を持ってしまった。 有名な武将である父と兄を早くに亡くして19歳で後継ぎになって、周囲から若輩若輩と侮られていた孫権にとっては自分の力をアピールするチャンス到来!と思ってしまったんでしょうね。 当時まだ25~26歳だし。 曹操軍の多くは陸戦が得意な歩兵と騎馬ですから川での戦いには慣れていない。 しかも曹操軍はかなり遠方から遠征してきて結構疲弊している。 土地についても詳しくない。 劉表の息子が曹操に下って水軍を提供していましたが、そこまで曹操に忠義があるわけでもない。 これは孫権が勝つチャンスはある!という劉備(というか孔明)の甘言に乗っちゃった感じですね。 なお曹操軍は船酔いが酷くてダウンしてたし慣れない川魚や貝を食べて感染病が広まっちゃったしで半ば自滅状態となり、戦争どころじゃなくなったというのが実際のところです。

0

呉の孫権を滅ぼせば、一応曹操の天下統一が完成するからです‼️ ✌️。いかんせん、呉の孫権と劉備玄徳の連合軍に赤壁の戦いで負けて、曹操の天下統一は不可能になりました~・・・ 。

0

詳しく書けば小説並みになるので、 ざっくりと書きます。 中国北部を統一したので、安心して南部への進行をした曹操は荊州を攻め立てました。 客将であった劉備は交戦を唱えますが、 それも叶わず逃げました。その際、劉備を慕って沢山の将も付いていき、あと一歩の所で劉備を逃します。 曹操は先に劉備を仕留めたいと思い、呉に遣いを出して友好をうたいながら、脅迫とも取れる手紙を送り、 劉備を討たそうとしました。 呉で会議を開き、ほとんどの文官は曹操に付くことを言いましたが、魯粛だけが交戦を主張して、 前国王の孫策の親戚筋に当たる、超有能な周瑜に相談して、蜀からは孔明も論戦に加わり交戦が決まりまして、赤壁の戦いが始まりました。 ざっくりですが、書いて見ました。 勘違いで覚えてる所もあるかもしれませんので、 訂正がありましたらどうぞ、添削してください。