ID非公開

2020/8/4 14:32

66回答

最近の家について質問です。

最近の家について質問です。 35坪くらいの家というのが最近あまりなく、30、大きくても33坪くらいの家が多いですが、それは住宅の値段が高くなったからでしょうか?それとももともと35坪くらいあってもデッドスペースが多いみたいな理由があるのでしょうか? よろしくお願いします

ベストアンサー

0

昔は建売でも必ず「和室」+LDKが一階の間取りでしたが、最近は「和室」がなくても問題無しで、一階はLDKのみという間取りが増えてますので33坪以下で収まる間取りとなりますね。 また、玄関からほとんど廊下なしでリビングという間取りでも受け入れられているので30坪くらいでも収まっているみたいですね。 デッドスペースとは言い難いですが、「和室」「廊下」を抜けば昔の35坪~37坪くらいの家とLDKは広さは変わりませんね。 二階の主寝室も極端に広くしない家が増えているので30坪~33坪くらいで収まるのでしょうね。

その他の回答(5件)

0

尺モジュールの建て売りが増えたからです。 正方形で8帖を4マス田の字に組み、総2階にしますと、32坪になります。 最も無駄がなく、強度もある建売ができます。 メーターモジュールでも、尺モジュールで最も安い、32坪に合わせてプランを作る事で原価は抑える事ができます。 また7280mm幅になりますので、多くの分譲地に納まります。

0

32坪です。 最初は工務店さんから34坪のプランを頂きましたが、間取りをあれこれ見直して32坪に減らしました。 やはり何と言っても予算が足りないからです。 僅か2坪とは言えないのです。坪80万円とすれば160万円。貧乏な私には看過できる数字ではなかったのですよ。 固定資産税だって、およそ総床面積に比例すると言えますから、小さい家にすることは最もコスパに良いのです。 住みにくい家では意味がありませんが。

1

大きな家を持ちたいと思う人が多いと思います。 また、それと反しますが、同様に安く家を持ちたいと考えます。 要因として、 ①法律や制度により建築コストが上がった。 ②所得などにより、取得できる価格が下がった。 ③少子化により、もう1部屋がいらなくなった。 結果、その大きさが増えたのではないでしょうか。

1人がナイス!しています