ID非公開

2020/8/4 20:44

55回答

なぜ三浦春馬さんは歌手として活躍をし始めていたのですか?

なぜ三浦春馬さんは歌手として活躍をし始めていたのですか? 演技、歌、踊りなど様々なジャンルが出来る俳優は珍しいですが、春馬さんは歌手向きではありませんよね。 「Fight for your heart」のキーは彼には高すぎるし(半音か一音下げれば綺麗に歌えただろうに)、 彼の性格や好みには全く合わないです。 「Night diver」も春馬さん以外の人が歌っても、映像や音楽のレベルからそこそこ売れたと思います。 「キンキーブーツ」は素敵でしたが、これもミュージカルを本業としている人と比べたら歌の声がやはり違います。 「お金の切れ目が恋のはじまり」もそうです。亡くなる事がなかったら、例えば「半沢直樹」に出演する方が視聴率も取れる筈です。 事務所はジャニーズタレントのような扱いをしていたのはどうしてですか? 俳優としては人気が下がっていましたか?

芸能人 | 音楽4,818閲覧

7人が共感しています

ベストアンサー

27

色々なことをやりすぎていた印象がありますが、それが春馬さんの希望だったか事務所の方針だったのか分かりません。 「歌、踊れる俳優になりたい」と春馬さん自身が言っていた噂と、「歌はやりたくない」と言っていた噂があります。 一定のファンはいつもいたので、俳優としての人気は下がってなかったと思いますよ。

27人がナイス!しています

その他の回答(4件)

16

私は熱烈なファンじゃないですけど、初めて歌を聞いた時は演技の時とはまた違って上手いと思いました。歌える人だと知らなかったですし。 曲のバランスを考えたらあのキーがベストな気がしますけど。半音下げると厚みはでるけど、インパクトが半減するような。。。 私は彼の性格や好みまではわかりませんけど、彼をよく知る人達が曲、ダンス、衣装いろいろ考えて作った作品はとても素敵だと思います。 キンキーブーツはメインキャストにミュージカルを本業としてる人っていましたっけ? 出演作は…オファーもあるとは思いますが、出たいから出れるってものでもないでしょうし、「こっちの作品に出ればよかったのに」とかって言ってもしょうがないんじゃないですか? 「ジャニーズタレントのような扱い」の意味がわかりません。仕事入れすぎるとか使い潰すとかそういうこと?←実際はそんなことないと思いますけどね。俳優としての名声は確実に上がっていたと思いますよ。いつがピークなのかわかりませんが。

16人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/8/7 7:20

CDではなく、(Youtubeにありますが)テレビの生番組で歌ったのは残念ながら高音が出ていなかったのですよね。 春馬さんはゆずが好きだったりしますから、発売した曲とは違い過ぎますよね。 ニカっと笑う作り笑顔はプロでしたし仕事だからやっているけれど、色々と不似合いだったなぁと。 俳優やミュージカル以外に、あのような大衆受けの歌を唄わせるのがタレント扱いに思いますね。

25

器用だから事務所はできるこにやらせてただけだと思います あまり揚げ足とらなくてもいいかと 新曲、わたしは色気あって好きです

25人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/8/7 7:24

そうなんですかね? 事務所は休みも与えず、ドラマの宣伝ばかりさせたり。 過去の春馬さんを見ると、思い切りの作り笑顔(時に顔が引きつっている)や話を合わせる事、仕事に対してのポジティブ発言が多すぎます。 頑張り過ぎた感じがありますから無理していたように見えます

25

俳優としての人気もいろんな分野においての能力も安定感はピカイチだったと思います。 でも旬の頃から、ナンバー1ではない、次のポジションが多かったようにも感じます。すこし器用貧乏のようなところはあったのではないでしょうか? 「いろんな役がしたい」と言っていたので、もっとダークな役柄もさせてみてよかったように感じます。 絶対三浦春馬さんでないと!というくらいのハマり役は、この数年少なかったように感じるので、キンキーブーツは、本当に当たり役だったのではないでしょうか? 残念ながら、観に行けずじまいですが…。 戦時中の役、死と向かい合う役、一点の曇りもない純粋な役… 演じれば演じるほど、ストイックになって行ったように感じます。 もう少し、遊びの部分があれば…と思う反面、このストイックさが彼の演技の持ち味だったりするので、残念としか言えないです。

25人がナイス!しています

38

そうではなくて彼の潜在能力に気づいていたスタッフがきちんとアミューズにはいたように思いますが。あの声、発声は、男性としては稀有だと思います。身体の中を通って出てくるあの声、ダンスもすごく精細でたくましさも兼ね備えたもの。見るたびに聴くたびに、つくづく悲しくなると同時に春馬さんを失ったスタッフの無念さ痛惜さがわかります。 すごく大切にされてたのではないでしょうか? ただ才能と努力があった故に、仕事が重なりすぎたという憾は否めません。 私の意見です

38人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/8/7 7:30

今もYoutubeに残っていますが、生番組で歌ったFight your bodyは高音が全く出ていませんでした。 俳優の中では上手い部類ですが、歌手やミュージカルにおいては力不足です。 ダンスは素晴らしいです。 俳優業をメインにやらせた方が春馬さんとしても本望だったのではないですか。 本当に大切にされていたんですか?事務所が海外留学から早く戻れと言ったり。 作り笑顔や人に話を合わせる姿が痛々しいです。