山岳ものの漫画をいくつか読む機会があり、山岳を題材にした小説や映画にも興味が湧きました。 よかったらおすすめの小説や映画を教えていただけますと嬉しいですm(_ _)m

山岳ものの漫画をいくつか読む機会があり、山岳を題材にした小説や映画にも興味が湧きました。 よかったらおすすめの小説や映画を教えていただけますと嬉しいですm(_ _)m

補足

既読の漫画は以下になります ・ 神々の山嶺 ・ 岳 みんなの山 ・ イカロスの山

小説 | 映画61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

「劒岳 点の記」はどうですか。 新田次郎の小説で、映画も作られました。 未踏峰とされていた劒岳の踏破をはじめ、日本地図の最後の空白地帯と言われた立山連峰の山岳測量を命じられた男たちの物語です。 日本地図を完成させるため、困難な任務に信念と勇気をもって取り組んでます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どの回答も大変参考になるものでした。 自分が調べていても出てこないような作品も多く、おすすめの記載されたブログよりもずっと参考になりました。 既にいくつか購入し、楽しませていただいております! ベストアンサーには私の致命的な勘違いを訂正してくださった方を選びたいと思います。皆様本当にありがとうございました。

お礼日時:8/11 14:18

その他の回答(9件)

0

【映画】 銀嶺の果て(1947年/日本) 山(1955年/アメリカ) 黒い画集 ある遭難(1961年/日本) 八甲田山(1977年/日本) 植村直己物語(1986/日本) アイガー北壁(2008年/ドイツ・オーストリア・スイス) 127時間(2010年/イギリス・アメリカ) エベレスト3D(2015年/イギリス・アメリカ)

0

山岳ミステリ・サスペンスを 森村誠一 「密閉山脈」・「日本アルプス殺人事件」・「白の十字架」 などなど 大倉崇裕 「夏雷」・「秋霧」・「聖域」 などなど 「神々~」を読まれたのならコチラも 谷口ジロー 「K」 既読ならごめんなさいです

画像

いずれも未読です、ありがとうございます! ミステリー仕立てなのですね。山岳ものに取り組まれる作家さんは意外といらっしゃるものなのですねー。 漫画の方もありがとうございます!「神々〜」と同じ作画の方なので、興味深いですーー。探してみようと思います!

0

結構、前の作品になりますが、 「K2/ハロルドとテイラー」 もし、パンフが入手可能なら、ご覧になった後、一読されると、案外面白いかもしれません。 https://eiga.com/movie/60261/ (コピペ途中まで) やり手の独身弁護士で頑固な個人主義者テイラー(マイケル・ビーン)。物理学者で伝統的な道徳観を持つハロルド(マット・クレイブン)。全く対照的な2人だったが、山に登ることで堅い友情に結ばれていた。ふたりがアラスカの断崖でロック・クライミングをしていると、著名な登山家フィリップ・クレイボーン(レイモンド・J・バリー)に出会い、その一行にはテイラーの旧友ダラス(ルカ・バーコヴィッチ)の姿もあった。クレイボーンらはテントのテストのためテイラーらと離れた斜面にキャンプを張ったが、翌朝雪崩に遭い斜面を滑り落ちていった。テイラーとハロルドは必死の救助を行うが、クレイボーンらと別のテントの隊員は既に絶望的な状況であった。テイラーはクレイボーンから次の目標が世界第2位の高峰K2であることを知らされ、失った隊員の代わりに自分とハロルドをチームに加えるよう懇願する。だがハロルドは、仕事と山のため家族との満足な時間をとれぬことに不満を抱いていた妻シンディに、一緒にいる約束をしたばかりであった。K2登山の計画を打ち明けられたシンディは怒り、泣きじゃくったが、最後に「きっと帰って来て」と囁き、ハロルドを送り出した。ジャッキー・メットカーフ(パトリシア・シャーボノー)、清水タカネ(藤岡弘)らを含むクレイボーン隊はパキスタン入りし、現地人ポーターを雇い高度を稼ぐが…

0

映画だと、クリフハンガーですね。既出ですけど。 小説はやはり新田次郎。この人の小説で、「芙蓉の人」と「富士山頂」。どちらも舞台は富士山です。 前者は、明治時代に富士山頂に籠もって冬季の気象観測をした野中至とその妻千代の話です。 後者は、昭和の富士山測候所(気象レーダー)を建設する官僚の話です。こちらは石原裕次郎主演で、同名の映画になっています。 どちらも純粋な山岳小説ではありませんが。読むうちに、まるで自分が富士山に登っているような気がするほど、臨場感あふれる文章です。

この返信は削除されました

0

マンガは村上もとかさんの「岳人(クライマー)列伝」はお勧めです。 https://www.amazon.co.jp/%E5%B2%B3%E4%BA%BA%EF%BC%88%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%EF%BC%89%E5%88%97%E4%BC%9D-%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%9D%91%E4%B8%8A%E3%82%82%E3%81%A8%E3%81%8B-ebook/dp/B00N2QX7FE 小説では先の回答者さんも挙げられている新田次郎さんの作品がお勧めですが、中でもちょっと変わったところで、江戸時代の僧侶が槍ヶ岳に挑む「槍ヶ岳開山」など面白いですよ。

この返信は削除されました