回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/6 14:51

11回答

選択肢の中から合っている物を選び

選択肢の中から合っている物を選び 間違ってるものはどこが間違っているか説明する問題なんですがわからないので教えてください。 [№ 4] 国会議員の特権に関する次の記述のうち妥当なのはどれか。 1 国会議員は不逮捕特権を有しているので,院外に おける現行犯罪の場合でも,国会の 会期中であれば,その所属する議院の許諾がなければ逮捕されない。   2 国会の閉会中は不逮捕特権は認められないので,議院の許諾がなくても議員は逮捕さ れるが,国会の会期前に逮捕された議員は,その所属する議院の要求があれば,会期中 には釈放される。   3 国会議員は院内における行為について免責特権を有するので,発言や表決のほか,職 務行為に付随して行った暴力行為やヤジも免責の対象となる。   4 国会議員は院内における行為について法的責任を負わないため,所属政党が議員の行 為について除名等により責任を問うことは許されない。   5 国家議員の不逮捕特権や発言・表決の免責特権は,地方議会が国家と同等に民主的な 組織であることから,地方議会議員についても認められる。  

日本史 | 世界史6閲覧

回答(1件)

0

1:誤り。 現行犯だと会期中だろうが普通に逮捕されます。 2:正しい。 3:誤り。 暴力行為に免責特権は適用されません。 4:誤り。 免責特権で逃れられるのはあくまで法的責任であって、政党による制裁は適用範囲外です。 5:誤り。 地方議会の議員には免責特権は認められません。