回答受付が終了しました

電話交換機のブレーカはどこにあるのでしょうか? 学校などに電話機がたくさん(職員室やオフイス等)ありますが、この電話機の回線ブレーカはどこにあるのでしょうか?

電話交換機のブレーカはどこにあるのでしょうか? 学校などに電話機がたくさん(職員室やオフイス等)ありますが、この電話機の回線ブレーカはどこにあるのでしょうか? 雷などで停電したあと、電力会社が再送電(復電)後に電話機がピー、ピー、ピー、ピーとなり通話ができなくなりました、たくさんの電話機が同じ状態になります。 (この修理で運十万がかかりました。) これを未然に防ぐためにブレーカを雷注意報が出た時に切りたいのです。 知っている方がいたら、宜しく、お願いいたします。(年次点検の時も同じです。)

気象、天気12閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(1件)

0

通常交換機の電源は専用回路を使用する場合が多く、建物のフロア又はMDF室内等の分電盤内に専用分岐回路として設けられておりますので、当該回路のNFBを解放するか、交換機自体の電源プラグをコンセントから抜きます。 架空引込の場合には保安器がありますので、当該保安器のカートリッジを抜けば局線から侵入する雷を防止する事が出来ます。 雷の場合、電源系と回線系両方からサージが混入する場合がある為、電源コンセントからプラグを抜き、保安器のカートリッジを外しておけば物理的に絶縁出来ます。