ID非公開

2020/8/7 23:50

11回答

消防法について聞きます。

消防法について聞きます。 警察署は、不特定多数の者が出入りする建築物に入りますか? また、その根拠法令についても教えてください。

法律、消費者問題 | 法律相談12閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

お答えいたします。 消防署は、一般的には、消防法施行令別表第1 (15)項に掲げる防火対象物として取り扱われることが多いと思われます。 根拠としましては、上記消防法施行令別表第1になります。 当該別表中で(1)項から(14)項まで様々な用途が規定されておりますが、(15)項については、「前各項に該当しない事業場」とされており、具体的には(1)項から(14)項までの事業形態のいずれにも該当しない事業場すべてがこれにあてはまるという考え方になり、その結果、一般の事務を行うような会社であったり、官公署関係は、(15)項として取り扱われることになります。 もちろん、建物全体の使い勝手、管理権原やテナントの状況等によって建物全体の項目が異なってくる(複合用途になったりする)ことはございますが、警察署単体で考えますとそういったことになろうかと思います。 そして、(15)項というのは、非特定防火対象物に該当することから、消防法上は「不特定多数の者が出入りする建築物には該当しない」という扱いになります。 消防法施行令別表のURLを添付いたします。ご参考ください。 https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=336CO0000000037#1070

回答した専門家

消防庁での業務経験を生かした防火防災の総合コンサルのプロ

お問い合わせ 092-707-1168

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝えください

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ものすごく丁寧な答えをありがとうございます。

お礼日時:8/13 7:53