回答受付が終了しました

【顕正会員に質問】日蓮正宗を除名された邪師・浅井昭衛には、相伝無いゆえ、仏法は知りがたし!(趣意)である事が、御書にあるのを知ってますか!?

【顕正会員に質問】日蓮正宗を除名された邪師・浅井昭衛には、相伝無いゆえ、仏法は知りがたし!(趣意)である事が、御書にあるのを知ってますか!? 日蓮大聖人様を信じるか、浅井昭衛を信じるか、どちらかにせい。 【見解】顕正会員が、論に詰まると、話を変えて、『じゃあ、どういう意味ですか?』と論点をコロコロと変えて、知識自慢して、自己陶酔に浸ります(笑) 又は、逃げ口実に『浅井センセは、時が来れば法門を明かされる』などなど、一部の知識しかないので、逃げの一手に切り換え、やれ『難しい事は知らなくても一念信解で、成仏します』と、盲信の体を晒してきますが、創価でもソコまで無知を晒しません。(笑) 法論など顕正会員には出来ないと言うか、法論自体何なのか解っていないレベルなんです。(笑) 浅井昭衛などの、相伝の無い人が御書を引いて講義する内容は、知りがたしと、大聖人様から破折されており、顕正会など身延と一緒で、浅井昭衛が何を抜かそうが、一切通用しません。 それでも、顕正会員は、集団心理からくる安心感を得て、それがいつしかライフスタイルとなって、いつしか顕正会から離れることができない要因ともなっていると言うのが現状な訳。 それは、浅井昭衛の自語相違を確認しても、顕正会の目指す広宣流布モドキの大ロマン、、浅井昭衛の欺瞞で埋め尽くされた歴史を思い巡らせては、浅井昭衛を庇(かば)おうとしますが、創価学会員が、創価学会や池田大作を庇うのと一緒の心理状態なのが顕正会員でしょう。

宗教6閲覧

回答(1件)