回答受付が終了しました

MITSUBISHI(FX3G-24M)のシーケンサを使用して、ステッピングモーターを4つパルス制御したいと考えています。

MITSUBISHI(FX3G-24M)のシーケンサを使用して、ステッピングモーターを4つパルス制御したいと考えています。 このシーケンサではY0、Y1の2つでしかステッピングモーターは制御できないと言われました。 しかし、FX2N-8EYT-ESSを3つ増設して使用するとステッピングモーターは3つ制御できました。 一つ目は ―SW1――PLSY k350 k0 Y000 Y000―――――――(Y020) 二つ目は ―SW2――PLSY k350 k0 Y001 Y001―――――――(Y031) 三つ目は ―SW3――PLSY k350 k0 Y002 Y002―――――――(Y042) というラダーで動きました。(b接点はありません) 4つ制御したいのでもう一個(FX2N-8EYT-ESS)増設して、今までの通りで配線・ラダーを組んだところ4つ目だけは動きませんでした。 四つ目は ―SW4――PLSY k350 k0 Y003 Y003―――――――(Y051) 配線やラダーがだめなのでしょうか、それとも機器自体がもう制御できないみたいな感じなのでしょうか? ぜひ教えてください。この説明でも足りなければこれ以上の説明は難しいので諦めます。

数学 | 工学17閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(2件)

0

■複数のMotorを駆動する場合、駆動用クロックの分周回路を内蔵したドライバを用いると良いですよ。PLCから動作コマンドを送出するだけで済みますから… 例) https://strawberry-linux.com/catalog/items?code=12023

0

パルスの速度が高速なので、出力が追従出来るかどうか の問題になります。 (出力が違うと言う事です。) FXの場合 24MT以下はY000~Y001、 40MT以上はY000~Y002、 までが高速に対応しており、追従出来ます。 と言う事で、リレー出力の場合は全くダメです。 プログラムは入るはずですが、追従出来ません。 <以下コピペ> (FX3G-24MT/□) Y000,Y001 :5μs以下/10mA以上(DC5-24V) Y002~:0.2ms以下/200mA以上(DC24V) (FX3G-40MT/□) Y000~Y002 :5μs以下/10mA以上(DC5-24V) Y003~:0.2ms以下/200mA以上(DC24V)