回答(1件)

0

授業科目 Course Title コンピュータ演習 到達目標 Target to be Reached 本講義の到達目標は、受講生が、①「読み、書き、計算」の道具としてコンピュータを使えるようにする能力(情報リテラシー能力)、②情報通信ネットワークやマルチメディアを利用・活用できる能力(メディアリテラシー能力)を身につけることである。 授業内容 Course Content 本講義は現代社会に必須のコンピュータスキルを修得するとともに、情報探索、情報発信についての基礎的能力を養うことを目的とし、コンピュータ演習室でコンピュータを使いながら講義を進める。 授業計画 Course Planning 各回の講義内容は次のように予定しているが、学生の理解度に応じて、進度が多少変化する場合もある。 テキストに沿って授業を行う予定であるので、予習として、教科書を読んだ上で授業に出席することが求められる。また復習としては、講義で行った実習ならびに課題を確実に行っておくこと。授業とは別にe-ラーニングシステムのコンテンツである「INFOSS情報倫理」の自学習用教材テキストを各自で読み、各自で修了テスト(1~5)を受けて合格しておくことが単位認定として必要とされている。またTypeQuickという自学習用のタイプ練習用ソフトを利用して、空き時間などにタイプ入力の練習をしておくことが望ましい。 コンピュータ演習室で実習を行う授業形態であるため、コンピュータ演習室の利用手引き(MNS利用の手引き)に書かれている演習室利用上の注意や制限事項を各自で必ず読んでおくこと。実習の授業は前回の実習結果の上に積み重ねていくので、欠席をすると理解できなくなるので注意が必要である。 1. ガイダンス、神奈川大学のコンピュータ利用環境について、ログオンとログアウト、e-ラーニングシステムによる出席管理/課題の提出法、情報倫理教材の使い方と修了テストの受け方 2. コンピュータの構造とWindowsの基礎知識と基本操作 、インターネットによる情報検索、電子メール(電子メールの送受信と署名ファイルの利用) 3. 日本語ワープロの基礎(文書の作成と管理) 4. 日本語ワープロの基礎(一般的なビジネス文書の作成) 5. 日本語ワープロの応用(シンプルなレポートや報告書の作成) 6. 日本語ワープロの応用(既存データを利用した文書の作成) 7. 表計算ソフトの基礎(表計算の基本操作) 8. 表計算ソフトの基礎(表を見やすく編集操作) 9. 表計算ソフトの応用(数式・関数を活用した集計表の作成) 10 .表計算ソフトの応用(グラフの基本) 11. プレゼンテーションソフトの基礎(プレゼンテーションの企画) 12. プレゼンテーションソフトの基礎(わかりやすいストーリー構成) 13. プレゼンテーションソフトの応用(センスアップするレイアウトデザイン) 14. プレゼンテーションソフトの応用(イメージを伝えるイラスト・写真活用) 15. 総合復習(14回までの内容を踏まえた総合的な復習および演習) 授業運営 Course Management コンピュータ演習室で行うためクラスサイズは約60~70名である。クラスは指定された曜日とクラスで受講のこと。割り当てられた時間割が外国語科目と重複する場合は、教務課にクラス変更届けを申請して許可を得ること。それ以外のクラス変更については認められない。 各クラスで行う内容は基本的に同じであるが、利用データなどが異なる場合がある。 実習授業であるため、欠席すると授業についていくことができなくなるので注意のこと。課題等はe-ラーニングシステム、共有フォルダ、電子メールなど、教員の指定した方法に従って提出のこと。出席については学生証とe-ラーニングのシステムの両方で取る。 評価方法 Evaluation Method ①毎回の提出課題(50点)、・②最終レポート(50点)で評価する。但し、講義を4回以上欠席した者は評価の対象としない。また、「INFOSS情報倫理」テストを修了しなかった者も評価の対象としない。 http://ku-syllabus.kanagawa-u.ac.jp/syllabus/SyllabusAction.do?value(menu)=pub_view&value(syllabus_no)=20150001562200