回答受付が終了しました

ぞす!!ケイタササグリです!!と、瀧川寿希也と、Y将のお盆休み夢のコラボ第2弾、第20回サマーチャンピオンJpnIIIにて、カポ峯こと佐々木亮を圧倒すべく3人が指名した◎が、ケイタササグリ

ぞす!!ケイタササグリです!!と、瀧川寿希也と、Y将のお盆休み夢のコラボ第2弾、第20回サマーチャンピオンJpnIIIにて、カポ峯こと佐々木亮を圧倒すべく3人が指名した◎が、ケイタササグリ の有料サイトに公開されたとdolemafia666から。 サマーチャンピオンは佐賀ダート1400mのGⅢ、ハンデ戦と如何にもローカル臭漂うレースだ。 地方馬は皆、最軽量ハンデの52キロとなっており、中央馬との力の差は明白だ。 本当はこれ以上軽いはずだが、そうなったらみな50キロ以下ばかりとなり、騎乗可能な騎手が限られてしまうのだ。 そういった大人の事情も加味すれば、中央馬でハンデに恵まれた馬からで良いはず。 ヤマニンアンプリメは川田で56キロ、牡馬換算なら58キロとなり、夏の牝馬でご当地騎手の川田でも厳しい気がする。 コパノキッキングは藤田菜七子から武豊に乗り替わって必勝態勢も、58.5キロを背負ってしまうのが気になる。 仮にこの2頭が地力で馬券に絡んでも、もう1頭の複勝を当てるチャンスがある、それを狙うのも競馬だ。 サヴィ、ヒラソール、メイショウテンスイと上がり馬の中央勢から、狙いはメイショウテンスイとする。 3歳で53キロと軽量であり、この距離【2.2.1.1】と安定し、前走で古馬を下してオープン入りしたのだ。 更に、兵庫ジュニアグランプリ2着、全日本2歳優駿4着と交流重賞の経験もあるのが、決定的な違いである。 兄姉も園田で勝ちがあり、実は地方向きな血統背景というのもミソである。 以上から、サマーチャンピオンは◎メイショウテンスイとする。

画像

競馬40閲覧

回答(1件)