回答受付が終了しました

松平忠輝は晩年 俺は徳川家康の息子だそ!みたいな 態度をとることはあったのでしょうか? それとも落ち着いて生活していたのでしょうか?

松平忠輝は晩年 俺は徳川家康の息子だそ!みたいな 態度をとることはあったのでしょうか? それとも落ち着いて生活していたのでしょうか?

日本史14閲覧

回答(1件)

0

勘当の後の忠輝公は 兄の秀忠公から 5代綱吉公の長きにわたり 幕府から扶持を頂き生かされる身の上なので もはや観念していたと思われます…… また 75万石の大名にまで上り詰めた人物が全てを取り上げられ 側近は切腹 果ては流刑という処断 この身の上で「 俺は徳川家康の息子だぞ! 」と放言することは無いでしょうし これほどの仕打ちにおいても いきどおりに憤死する事も無く 92歳まで悠々と過ごしたので 晩年は落ち着いて生活していたと思われます