ここから本文です

旧幕府軍はどうして勝てるわけがない箱館戦争を戦ったのか?

kas********さん

2009/2/821:52:37

旧幕府軍はどうして勝てるわけがない箱館戦争を戦ったのか?

箱館戦争とは戊辰戦争の末期の戦いであり、この頃には
新政府軍の戦力は旧幕府軍を圧倒しており、もはや勝負が
見えていました。
しかし、旧幕府軍の榎本武揚らは北海道南部を拠点として、
明治政府とは別の政権を樹立しようとする荒唐無稽な
計画を立てました。

大儀がない。護るべき主君がいない。戦力がない。利益がない。
民衆の支持がない。金がない。勝ち目がない。
現代人の感覚からすれば、「コイツら馬鹿じゃないのか。
勝てるわけがないのに。」という感想もあるかと思います。
しかしそれは結果を知る者の視点であり、歴史の当事者から
見ればそうではないのかもしれません。

そんな彼らを突き動かしたものは一体なんだったのでしょうか?

旧幕府軍,箱館戦争,榎本,戦力,榎本武揚ら,勝ち目,アボルダージ

閲覧数:
1,124
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ant********さん

編集あり2009/2/822:34:42

要点は、榎本が万国公法(国際法)をよく知っていたことと、北海道の経済力が期待できるものだったことでしょう。
別の物に例えると、中国の国共内戦に敗れた蒋介石が台湾で頑張ったことにも似ているでしょう。

>大儀がない。
「幕府という正当政府を継いでいる」で十分です。既に欧米と国交しているのは、新政府ではなく幕府なのですから。
当時の万国公法では、内戦中の一方の勢力は、必ずしも賊軍や在野ではなく、外交交渉権を持てたようです。

>護るべき主君がいない。
蝦夷は共和国ですから、自分たちが主君になってかまいません。「republic」の意味は、ペリーが来た時から幕府高官は知っています。勝海舟や外様の島津斉彬クラスでも理解しています。日本を立て直すことが主目的です。将軍がいなくなり、天皇が敵に取られたら、自分たちから「President」を出していいんです。アメリカの「President」に国王でも将軍でもない「大統領」という訳語を付けた時から、Presidentの意味は知っていました。

>戦力がない。
海軍力がありました。薩長軍には海軍力が有りませんでした。

>利益がない。
仕事が無くなる幕臣を、北海道開拓で救済できれば。大きな利益です。

>民衆の支持がない。
北海道には、反発するほどの数の民衆(旧藩領民)がいません。

>金がない。
函館は、ペリー来航以来開港していて、大きな利益を生んでいました。また、北洋の漁業も儲かるのです。江戸時代後期、函館に近い江差の町は、ニシンやイワシの干物を肥料として全国に出荷し、「江差の五月は江戸にも無い」と呼ばれるほどの賑わいでした。

なお、榎本武揚は間宮林蔵に大きな影響を受けているようです。間宮林蔵は北海道や樺太の探査で有名ですが、天文学を学んだ師匠の弟弟子に榎本の父がいました。この縁で、晩年の間宮に少年時代の榎本が会っています。この出会いが後の「北の大地の開拓」に繋がっているのでしょう。
それは、箱館戦争に敗れた後も、彼が締結した「千島樺太交換条約」に続いているのでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xx_********さん

2009/2/1201:23:09

彼らは死ぬために戦ったのです。

生きるために投降するのではなく、旧幕府の滅亡のために戦ったのです。

sar********さん

2009/2/922:31:03

護るべき主君はいました。
名前は忘れましたが、皇族の親王を天皇として擁立していたはずです。

dsd********さん

2009/2/918:56:37

五稜郭にジャンプする!あのドラマはすごいですね。

アボルダージを決行した海戦。

日本国が激動で情熱的であった時代。

大きく変わっていくときの誰にも止められないうねりでしょう。

km1********さん

2009/2/903:30:08

アメリカなどの強力な支援がありました。
アジアの植民地化競争にアメリカは大きく遅れていました。
西欧諸国がインド、東南アジア、中国と次々に支配地を広めていた事にアメリカは焦っていたのです。
そこでアメリカと榎本軍との利害が一致したので、榎本はアメリカの支援を得ました。
また、フランスも正規軍ではないけれど傭兵部隊を派遣していたようです。

ところが、突然アメリカは支援をやめました。理由はイギリスによる圧力だと言われていますが、わかりません。
江戸幕府が購入した最新鋭戦艦を、なんと新政府に渡してしまったのです。
また、フランスも傭兵を引き上げました。
この時点で、榎本軍は完全に孤立したのです。

榎本の言葉、「私は新政府軍に負けていない。イギリスの介入によって降伏したのだ。」
榎本武揚には十分な勝算があったけれど、諸外国の裏切りのため、降伏したのです。

mmm********さん

2009/2/902:59:22

荒唐無稽では無いです。
他の方も書いてますが、海軍や外交というカードも持ってたので。
制海権を維持して、外国の支持を取り付けてたら、明治政府は手出し出来なくなったでしょう。
もっとも、勝算無くても戦い続ける意志の方も多かったと思われますが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる