思い出せません。 とある文学作品か、哲学思想に関連したことだったと思うのですが、 「電気が光るわけとは?」を説明する理由ゆ、スイッチや電気回路といったことでなく、もっと根本的な

思い出せません。 とある文学作品か、哲学思想に関連したことだったと思うのですが、 「電気が光るわけとは?」を説明する理由ゆ、スイッチや電気回路といったことでなく、もっと根本的な 問題であるとして考える とした問いかけ、もしくは記述があったような気がします。 うろ覚えですが、もしこれに関連することを知っている方がいらっしゃればなんでもいいので教えてください。よろしくお願いします。

文学、古典 | 哲学、倫理29閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

物理学者で漱石の弟子でもあった寺田寅彦の随筆にありそうです。 たとえば、青空文庫で読めるものですと 「こわいものの征服」 https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/42161_18162.html 「稲妻」 https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/43568_24586.html 「物質とエネルギー」 https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/42701_23757.html 「話の種」 https://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/43570_23765.html