日本語って戦国時代は今より言葉が短かった? 例えば わかりました→ぎょい ちがいます→いな しつれいします→ごめん とか。 サッカー選手の試合中の会話とかも、 サイドにパス

日本語って戦国時代は今より言葉が短かった? 例えば わかりました→ぎょい ちがいます→いな しつれいします→ごめん とか。 サッカー選手の試合中の会話とかも、 サイドにパス を出せ→開け ゴール前を固めろ→絞れ 相手をマークしろ→当れ ドリブルでかわせ→剥がせ クリアしろ→切れ 人名→カズ、ゴン、ヒデ等2文字 と、切迫した状況でなるだけ素早く情報を伝えるために言葉が短くなるのでは、と思ったのですが

日本史 | 日本語214閲覧

2人が共感しています

その他の回答(1件)