回答受付が終了しました

ID非公開

2020/8/13 22:03

11回答

宅建試験 建築基準法の、中間検査の対象 【階数が3以上の共同住宅の床及びはりに鉄筋を配置する工事】は、「崩れた際に危険を生じる恐れがある」というような理由で対象となっているのですか?

宅建試験 建築基準法の、中間検査の対象 【階数が3以上の共同住宅の床及びはりに鉄筋を配置する工事】は、「崩れた際に危険を生じる恐れがある」というような理由で対象となっているのですか?

回答(1件)

0

最終的にはそこに行きつきます。 床及びはりの鉄筋は、施工するうえで隠れる部分ですので、ちゃんと検査して適合しているか、見えるうちにチェックしています。