ID非公開

2020/8/30 17:58

33回答

東京都市大学と工学院大学と日本大学の3つを企業評価が高い順に並べてください

東京都市大学と工学院大学と日本大学の3つを企業評価が高い順に並べてください

大学受験 | 大学202閲覧

ベストアンサー

5

有名企業就職率(東洋経済オンライン) 東京都市大学→23.2% 中央大学→22.1% 法政大学→21.9% 工学院大学→17.2% 日大→9.1% 東京都市大学≒MARCH>工学院大学>日大ですね

5人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

私は日大の理工学部に関して知っているのでこれに関して記載しますね。 理工系大学・学部のレベルを比較する場合、理工系最高峰、且つ、最難関の国家資格 技術士試験 合格者状況 で比較する以上に客観的で各学科横断的な指標は他にない。 これを見ればご質問の大学間の差は歴然であり、これだけの差があれば、ご質問の企業評価も同様の順です。 ■2018年(平成30年)技術士試験 二次試験 大学別合格者数 https://www.uece.jp/image/z190302.pdf すなわち、 1位 京都大学(112名) 2位 東京大学(92名) 3位 九州大学(91名) 4位 北海道大学(85名) 5位 日本大学(70名) 6位 大阪大学(68名) 7位 東北大学(64名) 8位 東京工業大学(59名) 9位 早稻田大学(56名) 10位 名古屋大学(48名) ・・・・・・・・・・・・ 33位 芝浦工業大学(20名) ・・・・・・・・・・・・ 36位 中央大学(19名) ・・・・・・・・・・・・ 41位 法政大学(17名) ・・・・・・・・・・・・ 48位 東京都市大学(15名) ・・・・・・・・・・・・ 60位 明治大学(12名) ・・・・・・・・・・・・ 65位 東京電気大学(10名) ・・・・・・・・・・・・ 圏外 → 工学院大学、青山大学、東洋大学、上智大学、千葉工大 ■2017年(平成29年度)技術士 一次試験 および 二次試験 大学別合格者数 https://www.cst.nihon-u.ac.jp/news/detail/20190116_321.html 上記にも記載があるが、日大の場合、毎年、一次試験の在学生合格者の約7割が理工学部からである(在学生なので判る)。二次試験は一次試験合格者の中の上位のほうが合格する傾向が顕著であり、二次試験 合格者の理工学部からの合格者の割合は一次試験の7割よりもかなり高いと推測される。おそらく、8~9割が理工学部からであろう。つまり、「日大理工学部単独での合格率は高い」ということだ。この年、日大理工学部からの在学生の一次試験受験者の合格率は上記のとおり46.7%。 また、受験者人数が多くても、受かる力がなければ一人として受からないのだから、数自体にも価値がある。日大理工からはこの難しい試験に合格出来る者がその数だけいるということです。業界での勢力を示しているとも言える。 ■技術士とは 技術士は、科学技術の応用面に携わる技術者にとって最も権威のある最高位の国家資格であり、この資格を取得した者は、科学技術に関する高度な知識、応用能力および高い技術者倫理を備えていることを国家によって認定されたことになる。(Wikipedia)) 技術士試験は、建設部門、機械部門、化学部門、航空宇宙部門、電気電子部門、 など計21の部門別に受験する。 難しい試験だが、価値ある資格だ。 地方自治体が民間企業に仕事を出す場合、入札条件として、その企業が技術士登録をした者を常勤の技術管理者として設置することを必須条件としており、企業にとって大きな利益に関わることなので、技術士は重用される。当然、取得者は会社での地位が高くなりやすく、資格手当ばかりではなく、ベースとなる給与そのものが高くなる。(Wikipedia 「企業での評価」を参照のこと)。 大企業では博士と同等な資格手当(報奨金)を貰える規定になっているところが多いようだ(Wikipedia 「企業での評価」を参照のこと)。 高等教育機関の教官や研究者の求人では、博士 または 技術士 を取得していることを 応募資格 としている事例がある(Wikipedia「高等教育機関での求人における評価」 )。つまり、大学の教授などを募集する場合、応募条件として博士と同等として扱われる事例がある、と言う意味だ。逆に、実務の世界では技術士のが上だ。