ふと疑問に思ったのですが、地球温暖化って、太陽の温度自体が上がっているのですか?それとも太陽と地球の距離が近くなっているのでしょうか?無知な質問ですみません。

ふと疑問に思ったのですが、地球温暖化って、太陽の温度自体が上がっているのですか?それとも太陽と地球の距離が近くなっているのでしょうか?無知な質問ですみません。

ベストアンサー

3

太陽の温度自体は上がっていません。太陽と地球の距離は近くなっていません。 通説では人為的に排出したCO2で温暖化したことになっていますが、1980年代に科学的知見を無視して、政治的に主流になりました。 温暖化の本当の原因は1000年ぶりの活発な太陽活動、現代極大期です。 活発な太陽活動→太陽風速度の増加→地磁気の強化→大気圏に入る宇宙線の減少→スベンスマルク効果による雲の減少→地表に届く日射の増加→温暖化 太陽活動、太平洋十年規模振動、大西洋数十年規模振動と気温の相関係数は極めて高く、0.98です。 同じ時期のCO2と気温の相関係数は0.66で、因果関係がない偽相関です。 CO2濃度の上昇が赤外線の吸収を増やし、温室効果を高めると実験で立証した科学者はいまだかつていません。 一方、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収は増えないし、温室効果も高まらないことを実験で立証した科学者はいます。CO2が温室効果ガスであることを発見したチンダルです。 チンダルは、その後の実験で、CO2濃度を2倍にしても、赤外線の吸収が変わらないことを見出しました。 ワート著「温暖化の発見とは何か」に書かれているように、 1900年頃の科学者たちは1896年発表のアレニウスのCO2温暖化説はチンダルの実験結果で論破されているとして、全く支持しませんでした。 このチンダルの実験の追試はクヌート・オングストロームによって行われ、同じ結果が得られています。いまだに、これらの結果を覆す実験結果は得られていません。 CO2の400ppmの赤外線吸収スペクトルと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほぼ同一ですから、これらの結果も当然のことです。 CO2濃度が倍増してもCO2の赤外線吸収の波長域の幅は変わりませんから、赤外線の吸収は変わりません。 「地球温暖化懐疑論批判」では、CO2濃度を高めると、CO2の赤外線吸収の波長域の幅が広がるから、赤外線吸収が増えて温暖化するとしている図が載っています。 しかし、これは非現実的なまでにケタ違いにCO2濃度を高めた場合の結論で、現実におこりうる2倍に濃度を高めた場合の結論ではありません。 CO2赤外線吸収飽和論を論破するものとして説明していますが、定性的な話を定量的な話にも当てはまるかのように話をすり替えた素人だましです。 CO2に温室効果があるから、当然、CO2濃度が上昇すると温暖化するに違いないと思い込んでいる非科学的な人があまりにも多すぎます。 温暖化CO2原因説では、CO2濃度が高まると赤外線の吸収が増えて地球に熱がこもって温暖化することになっていますが、赤外線吸収域が波長14~16μmの二酸化炭素は波長8~13μmの大気の窓領域の赤外線を吸収できませんから、濃度が高くなっても、放射冷却を減らせません。 CO2の遠赤外線吸収波長の14~16μmの地球放射は全部CO2に吸収されていて、宇宙への透過率はゼロです。 従って、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化は物理的に不可能です。 ということで、国連、政府が支持し、学校でも教えている温暖化CO2原因説は間違っています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%AA%93 大気の窓 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Atmospheric_Transmission_JA.png 大気通過後の放射スペクトル分布 http://www.asahi-net.or.jp/~rk7j-kndu/kenkyu/ke03.html 図3.5 大気放射のスペクトル CO2の赤外線吸収波長15μm付近では、上向きの地球放射の線と下向きの大気放射の線が一致しています。この波長では100%遠赤外線を通していないし、CO2が吸収した遠赤外線の全部が、周囲の空気を暖めることなく、再放射により大気放射として地表に戻っています。 CO2の赤外線吸収波長15μm付近では、放射の収支がゼロで、正味の放射は起きていませんから、CO2濃度の上昇による赤外線吸収の増加、温室効果の増大、温暖化はいずれも物理的に不可能です。 CO2に温室効果はありますが、既に温室効果を100%発揮済で、CO2濃度が上昇しても赤外線の吸収が増える余地がないことを温暖化CO2説支持者は理解していません。

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんたくさんの回答ありがとうございました(m_m)

お礼日時:9/9 9:59

その他の回答(9件)

0

その可能性はあります。しかし、その他の原因についても検証しないといけません。 ただ、難しいことは何にもありません。で、地球の「気温」が上下するのは何故かを知れば良いだけのこと。そこからスタートすればいいんです。いきなり、「光」とか「熱」とか、「ダークマター」とか「ブラックホール」とか、一般に未消化な知識で分かったように一般人が云い出すから、だれも訳が分からなくなってしまうのですよ。まあ、ニセ科学者が、どういう見方をするも自由ですが、取り敢えず今我々が問題としているのは「大気(気体)の温度」です。小学校や中学校で習ったごくあたり前の地球の科学を忘れてはいけないと思います。 そこを無視してはいけませんね。 子供でも分かることをなぜしないのでしょうね。地球がどうなったっていい。そのほうが都合のいい人が多すぎるんですよ。 で、大気中のCO2濃度じょうしょうによる地球温暖化説は史上最大のフェィクだと思います。

0

おそらくミランコビッチサイクルの事だと思います。現在はミニ氷河期か氷河期が訪れていてもおかしくない時期であるが、化石燃料や、その他の人間活動から排出される温室効果ガスが原因で、回避されているとも考えられています。 https://www.youtube.com/watch?v=eB3DJtQZVsw&t=114s PCの自動翻訳で日本語になります。 実際の論文は複雑で読みにくいので、ビデオで簡潔に説明されています。 またそれ以外の太陽の11年周期などは、もっと影響が低いです。 現在の温暖化現象に与える影響でも最高で10%ありません。 温暖化がおきるのはなぜ? https://www.nies.go.jp/escience/ondanka/ondanka01/lib/f_02.html 温室効果ガスと放射強制力 勉強してください。

0

→ 太陽活動との関係を調べてる研究者は居ますが、ここの仕組みはかなり面倒なのですよ!太陽温度?も、太陽距離?も、あまり変化が無さそうと言うべきか?ただ、太陽活動と他の要因すべてを総合した分析が残ってるのでしょう!何らかのメカニズムでやや微妙に上がってるんだと! (地球大気の中の靜浄度?汚れ具合なんかも影響するんだと考える。)

(追記) 大事なポイントを追加します。大陸陸上部の人間社会とか周辺域。ここは過去約100年間+数℃?とかの温暖化現象が見えるのです。東京都なんかは過去100年間+2℃?ほど?ここは簡単に言うと人為的な行動変化のでもって温度は上がってるのでしょう!以外に大きい変動なのですが、ここの原因対策を真面目に考えて議論する研究者政治家?が皆無なのですよ!みんな無視をしたがってる風?なんで無視をするんでしょうね?不都合な上昇?なんでしょうかね?でしょうね?ですよ!

0

太陽は、最も地球に影響を与える天体で、10機前後の太陽観測衛星、多くの天文台、個人天文家があらゆる手段を使って24時間365日監視されています。 データの一部は、LIVEでネットでも公開されています。 https://hinode.nao.ac.jp/ https://swc.nict.go.jp/ https://solarwww.mtk.nao.ac.jp/jp/database.html http://swnews.jp/ この10年、太陽活動は停滞しています。日本の太陽観測衛星「ヒノデ」の太陽表面の磁気データでは、この停滞が長期化すると予測されています。 この百年で、太陽活動が活発だったのは、1950年台で、1945年の終戦の夏はその頃としては、暑い夏だったそうです。 また、地球と太陽との距離や、位置関係、いわゆるミランコビッチ周期でも、気温上昇させる状態ではありません。