ID非公開

2020/9/7 19:00

33回答

安倍は持病があったというが、第1次政権を投げ出してからそんな素振りもなく、本当とはとても思えないが、もし本当だとすれば、自分の病状が再発したから国会を開かずに、最長記録まで何もしないでいたのなら、

安倍は持病があったというが、第1次政権を投げ出してからそんな素振りもなく、本当とはとても思えないが、もし本当だとすれば、自分の病状が再発したから国会を開かずに、最長記録まで何もしないでいたのなら、 それは総理大臣として、大変国民に不誠実であるとは思いませんか?

4人が共感しています

ベストアンサー

4

思います。 まるで、最長記録を待ってたように思われても仕方ないですね。 これでは、何を言っても真実に聞こえない。

4人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

第一次政権が終わったのは2007年、潰瘍性大腸炎の治療薬アサコールの発売が2009年、アサコールが効いたことで2012年の第二次政権誕生になりました。アサコールは長年の使用により効果が悪くなる例があり、安倍総理はそれにあたります。 潰瘍性大腸炎という病気について少し調べれば、安倍総理を仮病と疑うようなことはしないと思います。

ID非公開

質問者

2020/9/11 18:41

あなたは安倍に症状が出ているのを見たんですか?潰瘍性大腸炎をいくら調べても安倍が仮病でないことなんて分かりっこないじゃないですか?

0

安倍憎しで批判したいのだろうけど、安倍首相の記者会見をご覧になってから質問したほうがよろしいのではないでしょうか。 答えになっていないと思われるかと思いますが、根本的な時系列的な共有が出来て初めて成り立つ話であると思いますので、必要なことだと考えております。

ID非公開

質問者

2020/9/7 20:04

記者会見見ました。